• 坂の上社労士事務所

雇用調整助成金の計算方法【雇用保険被保険者の場合】

▼雇用保険被保険者の場合

雇用調整助成金の受給額計算式については、以下となります。

①事業所の平均賃金×②休業手当率×③支給率

①=Ⓐ 前年度の雇用保険料の算定基礎となる賃金総額÷(Ⓑ前年1年間の1カ月平均の雇用保険被保険者数×Ⓒ前年度の年間所定労働日数)

事例】Ⓐ40,000,333円、Ⓑ15.5人、©247.92日

40,000,000円÷(15人×247日)=Ⓓ13,009円

※Ⓑについては、各月末時点の雇用保険被保険者数の平均

※Ⓐは千円未満切捨、ⒷⒸは小数点以下切捨、Ⓓは小数点以下切上


②=60%~100%

多くの企業が給与規程に「休業手当は平均賃金の60%以上を支払う」と記載しており、そちらが根拠となります。平均賃金は算定事由発生の前3カ月で計算します(賃金締切日がある場合は直前の賃金締切日以前)。平均賃金は、月給を労働日数で除した日額と比べるとかなり下回りますが、これは休日について給与支払義務が無い為です。

事例】給与は基本給(月額)30万円のみ、賃金計算期間1日から末まで、4月は全休業(20日間の出勤予定だった)、3月給与30万円、2月30万円、1月給与30万円

平均賃金⇒賃金総額90万円÷総歴日数91日=9,890円10銭(小数点第三位以下切捨)

60%の休業手当を支払う場合⇒9,890円10銭×20日×60%=118,681円(円未満端数切捨)

100%の休業手当を支払う場合⇒9,890円10銭×20日×100%=197,962円


③支給率

中小企業で解雇をしない場合は90%となります(解雇等を行った場合は80%)


▼上記①②③の事例で休業手当を100%支払った場合

基準賃金額 13,009円×100%×90%=11,709円(円未満端数切上)

一日当たり助成額 11,709円は上限の8,330円を上回るので8,330円

助成額総額 8,330円×20日=166,600円


☛ポイント

・助成額の根拠となる平均賃金=労基法上の平均賃金ではありません。

・雇用保険被保険者の場合、休業期間中に実際に支払った休業手当と助成額は連動しません。ただし、休業手当を平均賃金の何%とするかは連動します。

・4月8日以降の休業については、さらなる拡大措置が実施される予定です。よって、休業手当については平均賃金の100%を支払うなど、なるべく多くの賃金を支払っておくべきでしょう。今後どのように改定されるかは分かりませんが、日額8,330円の上限も撤廃される可能性もあります。

最新記事

すべて表示

雇用調整助成金特例措置が9月まで延長されます/年内まで延長との報道も

新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金については、今般、緊急事態措置区域として東京都が追加されるとともに、埼玉県、千葉県、神奈川県及び大阪府においてまん延防止等重点措置を実施すべき期間が延長されたこと等を踏まえ、8月末までとしている現在の助成内容を9月末

令和3年度エイジフレンドリー補助金の申請受付が開始されております

令和3年度のエイジフレンドリー補助金の申請受付が開始されております。申請受付期間は、令和3年6月11日(金)から10月末までとなります。 詳細はこちら 1.目的 エイジフレンドリー補助金は、⾼齢者が安⼼して安全に働くことができるよう、中小企業事業者による職場環境の改善等の安全衛生