top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

エイジフレンドリー補助金 令和4年度の受付についてお知らせ(厚生労働省)

エイジフレンドリー補助金は、高齢者が安心して安全に働くことができるよう、中小企業事業者による職場環境の改善等の安全衛生対策の実施に対し補助を行うもので、令和2年度に創設されました。


特に、社会福祉施設、医療保健業、旅館業や飲食店等の接客サービス業等では、高齢者が就労する際に利用者等と密に接する業務での新型コロナウイルス感染を防止するための設備や作業の改善も重要とされており、例えば以下のような対策が対象となります。


・通路の段差の解消(スロープの設置等)、階段への⼿すりの設置

・熱中症リスクの⾼い作業がある事業場における休憩施設の整備、送⾵機の設置

・業務⽤の⾞両への⾃動ブレーキ⼜は踏み間違い防⽌装置の導⼊


その他にも様々な対策が補助対象となる制度となっております。

詳しくは下記のリンク先をご参照ください。



最新記事

すべて表示

健康保険法等の改正法が成立/出産育児一時金増額、他

令和5年5月12日、「全世代対応型の持続可能な社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律」が成立しました。 厚生労働省より、概要が公表されております。是非ご参考下さい。 ▼概要 全世代対応型の持続可能な社会保障制度を構築するため、出産育児一時金に係る後期高齢者

新型コロナ5類感染症移行後の対応について

感染症法では、感染症について感染力や感染した場合の重篤性などを総合的に勘案し1~5類等に分類し、感染拡大を防止するために行政が講ずることができる対策を定めています。 新型コロナウイルス感染症の位置づけは、これまで、「新型インフルエンザ等感染症(いわゆる2類相当)」としていましたが

Comments


bottom of page