• 坂の上社労士事務所

雇用調整助成金のオンライン申請が再開されました

厚生労働省は、8月25日正午から雇用調整助成金等オンライン申請を再開しました。同システムは5月20日に開設予定でしたが、システムの不具合により約3ヶ月停止していました。

申請は、メールアドレスと、ショートメールが受け取れる携帯電話を準備したうえで

こちらから申請可能です。申請期限は9月30日まで。


なお、一部メディアで現在実施されている雇用調整助成金の特例が12月末まで対象になると報じられましたが、厚生労働省はまだ確定した発表をしておりません。安倍総理の会見や厚生労働省の正式な発表が待たれるところです。

最新記事

すべて表示

職場内で濃厚接触者と推定される従業員の勤務をどう判断するか

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。コロナ感染者については都道府県知事による就業制限が課されますが、濃厚接触者の場合はどのような判断をすれば良いか迷うケースが多々あります。今回は、濃厚接触者の就業制限について、当事務所の考え方を解説します。 1.就業制限・自宅待機期間の原

最低賃金を引き上げた中小企業における雇用調整助成金等の要件緩和について

1.雇用調整助成金の休業規模要件 ①原則の雇用調整助成金 中小企業⇒1/20 大企業⇒1/15 ※事例:中小企業、従業員5人、一人当たり所定労働日数20日 5人×20日=100日 100日×1/20=5日 つまり、5日以上の休業がされていなければ、雇用調整助成金を受給することはで