• 坂の上社労士事務所

令和2年度保険料額表(令和2年9月分から)が公表されています/《解説》厚生年金保険の上限改定に係る特例的な取扱い

厚生年金保険の上限等級(635,000円以上)が追加されたことに伴い、協会けんぽ、日本年金機構において、令和2年度保険料額表(令和2年9月分から)が公表されています(健康保険組合も各組合で公表しています)。給与計算時にはご注意くださいませ。


協会けんぽはこちら


日本年金機構はこちら


☛《解説》厚生年金保険の上限改定に係る特例的な取扱い

この改定により、令和2年9月に適用される標準報酬月額と実際に被保険者が受けている報酬との間に大きな乖離が生じるケースにおいては、会社の届出により、標準報酬月額の特例的な改定を行うことができる場合があります(任意になります。強制ではありません)。

【ケース1.(1)】従前の標準報酬月額62万円

・5月に固定的賃金変動あり(昇給)

・5月、6月、7月の平均で63.5万円以上となるが、8月は上限改定の対象ではないので、8月は標準報酬月額62万円のまま

⇒本来、9月以降の標準報酬月額は62万円のままであるが、標準報酬月額65万円に改定することも可能(任意)


【ケース1.(2)】従前の標準報酬月額62万円

・4月、5月、6月の平均で63.5万円以上となった為、9月の定時決定に標準報酬月額65万円に改定予定

・5月に固定的賃金変動あり(降給)

・5月、6月、7月の平均で63.5万円未満となる

⇒本来、9月以降の標準報酬月額は65万円であるが、標準報酬月額62万円のままで継続することが可能(任意)


※非常に複雑な特例制度なので、注意が必要です。

詳細はこちら

最新記事

すべて表示

令和3年4月1日より現物給与価額(食事・住宅)が改正されます

社会保険の被保険者が、会社から労働の対償として現物で支給される場合、その現物を通貨に換算し報酬に合算のうえ、保険料額算定の基礎となる標準報酬月額を求めることになります。現物支給が食事や住宅である場合は、「厚生労働大臣が定める現物給与の価額」に基づいて通貨に換算します。今回、この現

賞与支払届総括表・算定基礎届総括表の廃止、賞与不支給報告書の新設について

1.令和3年4月から賞与支払届等に係る総括表が廃止となります 厚生年金保険の適用事務に係る事業主等の事務手続きの利便性向上を図る目的から、賞与支払届・算定基礎届の提出の際に添付していた総括表が廃止されることになりました。 ※令和3年4月1日以降提出分から、総括表の添付が不要となり

令和3年度の雇用保険料率が公表されています

厚生労働省より、令和3年度(令和3年4月1日~令和4年3月31日)の雇用保険料率が公表されました。令和2年度から変更はありません。 ▼労働者負担 一般の事業 3/1,000 農林水産・清酒製造の事業 4/1,000 建設の事業 4/1,000 ▼事業主負担 一般の事業 6/1,0