top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

日・イタリア社会保障協定 令和6年4月1日に発効へ(厚労省)

令和6年1月12日、「社会保障に関する日本国とイタリア共和国との間の協定(日・イタリア社会保障協定)」(平成21年2月6日署名)の効力発生のための外交上の公文の交換が東京で行われました。これにより、この協定は令和6年4月1日に効力を生ずることとなります。


現在、日・イタリア両国の企業からそれぞれ相手国に一時的に派遣される被用者等(企業駐在員等)には、日・イタリア両国で年金制度への加入が義務付けられているため、保険料の二重払いの問題が生じています。


日・イタリア社会保障協定は、この問題を解決することを主な目的としており、この協定の規定により、派遣期間が5年以内の見込みの一時派遣被用者等は、原則として、派遣元国の年金制度にのみ加入すればよいこととなります。


日・イタリア社会保障協定が発効することにより、企業及び駐在員等の負担が軽減され、日・イタリア両国間の人的・経済交流が一層促進されることが期待されます。

年金受給に当たり、両国での加入期間は通算しません。発効済みの協定のうち、イタリアと同様に加入期間の通算規定を設けていないのは、英国、韓国、中国の3カ国になります。


最新記事

すべて表示

令和6年4月 建設業・自動車運転業務・医師にも時間外労働の上限規制 適用(東京労働局)

東京労働局から、「本年4月1日から建設業・自動車運転業務・医師にも時間外労働の上限規制が適用されます」というお知らせがありました。 本年4月1日から、建設業・自動車運転業務・医師においても時間外労働の上限規制が適用されることに伴い、時間外労働及び休日労働に関する協定(36協定)届も新しい様式に改正されます。 東京労働局では、都内 18 の労働基準監督署(支署)に設置している「労働時間相談・支援コー

日本年金機構 お知らせなどの情報を掲載

日本年金機構では、事業主の皆さま及び厚生年金保険被保険者の皆さまに、年金制度などについての情報を提供するために、基本的に毎月、「日本年金機構からのお知らせ」を公表しています。今回、令和6年2月号が公表されました。 【ご案内】 ・被保険者資格取得届への個人番号の記載が義務化されました ・賞与支払届を忘れずにご提出ください ・年収の壁に取り組む企業への支援強化パッケージが始まりました! ・令和6年1月

「ワークエンゲージメントの向上」更新(働き方・休み方改善ポータルサイト)

「働き方・休み方改善ポータルサイト(厚生労働省の委託事業)」では、企業の皆様が自社の社員の働き方・休み方の見直しや改善に役立つ情報を提供しています。 ・リーフレット エンゲージメントの概念や、企業がエンゲージメント向上に取り組む意義に加え、具体的な取組事例などを紹介しています。 ・ワークエンゲージメント向上取組事例の紹介 働く方々のエンゲージメントの向上に取り組む企業の取組事例を紹介しています。

bottom of page