• 坂の上社労士事務所

【令和2年10月15日で本年度申請受付終了】働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)、働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)

令和2年10月15日、厚生労働省より「働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)」、「働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)」の本年度分受付終了が公表されました。

※郵送申請分は、10月15日までの消印があるものを有効として受理


本来は、令和2年11月30日が申請期限でしたが、予算上限に達したことにより打ち切られました。助成金は、予算に上限があり、途中で打ち切られることは多々あります。来年度の受付開始が待たれるところです。


例年、予算の執行開始年月日である4月1日に新しい助成金制度が公表されます。来年は、パートタイム・有期雇用労働法が中小企業に適用拡大されることもあり、それに関連した助成金制度も予想されます。なお、働き方改革推進支援助成金(職場意識改善特例コース)は現在も申請受付中です。


働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)の詳細はこちら

働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)の詳細はこちら

最新記事

すべて表示

両立支援助成金のご案内/職場復帰後支援(子の看護休暇制度)

1.制度概要 法を上回る子の看護休暇制度を導入し、労働者が職場復帰後、6ヶ月以内に一定以上利用させた場合に助成される制度です。 2.子の看護休暇とは 子の看護休暇は、労働者が子の看護を目的として休暇を取得できる制度で、年次有給休暇とは別に付与しなければならない休暇です。子の看護と