• 坂の上社労士事務所

時間外労働の上限規制について【2020年4月1日以降、全企業が対象となります/罰則付き上限規制】

時間外労働の上限規制内容

大企業への施行は2019年4月1日でしたが、中小企業への適用は1年猶予され2020年4月1日とされており、2020年4月1日以降は全ての企業が上限規制の対象となります。


1.時間外労働の上限【原則】

①1カ月45時間

②1年360時間


2.臨時的な事情があって、労使が合意する場合【例外】

①1カ月100時間未満、2~6か月平均80時間以内 

※時間外労働と休日労働の合計時間

※1カ月45時間を超えることができるのは、1年に6回まで

②1年720時間以内 

※時間外労働の合計時間


☛Point

・1日8時間・1週40時間の法定労働時間を超える時間外労働、及び毎週1回付与している法定休日に労働させる場合は、36協定の締結・届出が必要です。36協定の締結・届出が無ければ、法定外での労働を命じることはできません。

・時間外労働の上限規制に違反すれば、罰則が適用されます。これまで以上に、労働基準監督署の指導も強化されることに注意が必要です。労働時間の合理化(短縮等)を検討し、サービス残業が存在しないかも含め、実態の把握・改善も必須です。

最新記事

すべて表示

10月22日に個人番号保護委員会から、個人番号(マイナンバー)の範囲について、問い合わせを受けることが多いということで周知が行われております。 周知内容は次のとおりです。 ●番号法第2条第8項において、個人番号(マイナンバー)とは、第5項に定義される番号そのものだけでなく「個人番