• 坂の上社労士事務所

時間外労働の上限規制について【2020年4月1日以降、全企業が対象となります/罰則付き上限規制】

時間外労働の上限規制内容

大企業への施行は2019年4月1日でしたが、中小企業への適用は1年猶予され2020年4月1日とされており、2020年4月1日以降は全ての企業が上限規制の対象となります。


1.時間外労働の上限【原則】

①1カ月45時間

②1年360時間


2.臨時的な事情があって、労使が合意する場合【例外】

①1カ月100時間未満、2~6か月平均80時間以内 

※時間外労働と休日労働の合計時間

※1カ月45時間を超えることができるのは、1年に6回まで

②1年720時間以内 

※時間外労働の合計時間


☛Point

・1日8時間・1週40時間の法定労働時間を超える時間外労働、及び毎週1回付与している法定休日に労働させる場合は、36協定の締結・届出が必要です。36協定の締結・届出が無ければ、法定外での労働を命じることはできません。

・時間外労働の上限規制に違反すれば、罰則が適用されます。これまで以上に、労働基準監督署の指導も強化されることに注意が必要です。労働時間の合理化(短縮等)を検討し、サービス残業が存在しないかも含め、実態の把握・改善も必須です。

最新記事

すべて表示

緊急事態宣言の再発令で店舗・企業が取り得る対策とは

政府は、1月8日~2月7日までの間、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の1都3県に緊急事態宣言を発令しました。また、都道府県独自で緊急事態宣言を発令するケースや(宮崎県)、大阪府などは政府に緊急事態宣言の対象にするよう要望するなど、今後も緊急事態宣言を取り巻く動向は目まぐるしく変化

1ヶ月単位の変形労働時間制を分かりやすく解説します

1ヶ月単位の変形労働時間制について、わかりやすく解説します。 1.変形労働時間制とは 法定労働時間である1日8時間、1週40時間を変形させて、業種や企業規模に応じた柔軟な労働時間を実現できる制度です。 中でも、1ヶ月単位の変形労働時間制は、1ヶ月ごとに、その月内の繁閑に応じて労働

36協定届等の押印が廃止されます

労働基準法施行規則等の一部を改正する省令が、令和3年4月1日から施行されます。これにより、36協定届の法人代表者印及び労働者代表印、就業規則の意見書の労働者代表印については、省略できるようになりました。届出書式等についても、既に新しい様式に改定されています。 ☛厚労省Q&A Q1