• 坂の上社労士事務所

次世代育成支援対策推進法が改正 不妊治療と仕事との両立企業の認定制度を新設

3月14日に厚生労働省は、次世代育成支援対策推進法の施行規則の改正について詳細を公表いたしました。

大きな改正点としては、認定基準の引き上げと2つの新たな認定制度が挙げられます。



◆改正点① くるみん認定及びプラチナくるみん認定の認定基準を引き上げ

・令和4年4月から、男性の育児休業等取得率の引き上げなど認定基準が改正される。

・認定基準の引き上げに伴いくるみん認定を受けた企業が使用できる「くるみんマーク」マークも改正される。新しい「くるみんマーク」は、令和4年4月以降に、新基準のもとで認定を受けた企業が使用可能に。「プラチナくるみん認定」のマークは変更なし。


◆改正点2 新たな認定制度「トライくるみん」が新設

・くるみん認定及びプラチナくるみん認定の認定基準の引き上げを踏まえて新設される。トライくるみんの認定基準は、現行のくるみん認定と同様となる。


◆改正点3 不妊治療と仕事との両立がしやすい環境整備に取り組む企業を認定する制度を新設 3種類のくるみんマークに、それぞれ「プラス」が追加

・認定を受けるとマークを商品や広告、企業のウェブサイトなどに使用することが可能。子育てサポート企業、不妊治療と仕事との両立に取り組む企業であることのアピールや、企業イメージの向上などに繋がることができる。



出生率低下に歯止めが掛からない中で育児休業や不妊治療に協力的な企業への注目は年々高まっています。そういった取り組みを内外にアピール出来る制度ですので活用を検討したいところです。



詳しくはこちら



最新記事

すべて表示

令和4年10月1日の育児休業法の改正(出生時育児休業の創設、育児休業の見直し)に伴い、雇用保険の育児休業給付金制度も制度変更されます。なお、制度変更については、令和4年10月1日以降に開始する育児休業が対象となります。主な変更点は以下です。 1.雇用保険の被保険者の方が、子の出生

日本と社会保障協定を結ぶ国に派遣されている従業員が、相手国での社会保障制度への加入の免除を受けるためには、日本の制度に加入していることを証明する「適用証明書」の交付を受け、派遣先相手国に提出する必要があります。 この「適用証明書」の交付を受けるための各種申請書は、事業主が、最寄りの年金事務所や事務センターに提出することとされていましたが、令和4年10月1日からは、その提出先を、次のように変更される

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症による影響を考慮して、支援策をまとめたリーフレットを公表しています。 このリーフレットは随時更新されていますが、令和4年8月15日にも、その一部が更新されました。 この度は、下記のような更新が行われました。 • 緊急小口資金等の特例貸付の申請期間について更新 • 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請期間について更新 • 令和4年度低所得の子育て世