• 坂の上社労士事務所

次世代育成支援対策推進法が改正 不妊治療と仕事との両立企業の認定制度を新設

3月14日に厚生労働省は、次世代育成支援対策推進法の施行規則の改正について詳細を公表いたしました。

大きな改正点としては、認定基準の引き上げと2つの新たな認定制度が挙げられます。



◆改正点① くるみん認定及びプラチナくるみん認定の認定基準を引き上げ

・令和4年4月から、男性の育児休業等取得率の引き上げなど認定基準が改正される。

・認定基準の引き上げに伴いくるみん認定を受けた企業が使用できる「くるみんマーク」マークも改正される。新しい「くるみんマーク」は、令和4年4月以降に、新基準のもとで認定を受けた企業が使用可能に。「プラチナくるみん認定」のマークは変更なし。


◆改正点2 新たな認定制度「トライくるみん」が新設

・くるみん認定及びプラチナくるみん認定の認定基準の引き上げを踏まえて新設される。トライくるみんの認定基準は、現行のくるみん認定と同様となる。


◆改正点3 不妊治療と仕事との両立がしやすい環境整備に取り組む企業を認定する制度を新設 3種類のくるみんマークに、それぞれ「プラス」が追加

・認定を受けるとマークを商品や広告、企業のウェブサイトなどに使用することが可能。子育てサポート企業、不妊治療と仕事との両立に取り組む企業であることのアピールや、企業イメージの向上などに繋がることができる。



出生率低下に歯止めが掛からない中で育児休業や不妊治療に協力的な企業への注目は年々高まっています。そういった取り組みを内外にアピール出来る制度ですので活用を検討したいところです。



詳しくはこちら



最新記事

すべて表示

厚生労働省で開発中のスマートフォンやタブレットで、年金額を簡単に試算できるツール「公的年金シミュレーター」について、令和4年4月25日から試験運用が開始されました。 これは、日本年金機構から公的年金に加入する皆さまの元へ送られる「ねんきん定期便」に記載されている二次元コードを、ス

令和4年4月22日に厚生労働省のホームページで、令和4年度途中での雇用保険料率の変更に伴う電子申請様式における労働保険保険料申告書(継続事業)の入力項目の取り扱いについて案内が公表されました。 これまでにもお伝えしている通り、令和4年度においては、年度途中で雇用保険料率が変更となります。 そのため、電子申請による労働保険料の概算申告に係る申請書様式(継続事業)において、一部の入力項目の取扱いが変更