top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

雇用保険の基本手当日額などや労災保険の給付基礎日額の自動変更対象額などを令和5年8月から変更

令和5年8月1日(火)から雇用保険の「基本手当日額」や労災年金給付等が変更します。



雇用保険

 雇用保険の基本手当は、労働者が離職した場合に、失業中の生活を心配することなく再就職活動できるよう支給するものです。「基本手当日額」は、離職前の賃金を基に算出した1日当たりの支給額をいい、給付日数は離職理由や年齢などに応じて決められています。


【具体的な変更内容】

1基本手当日額の最高額の引上げ  基本手当日額の最高額は、年齢ごとに以下のようになります。

(1)60 歳以上65 歳未満 7,177 円 → 7,294円(+117 円)

(2)45 歳以上60 歳未満 8,355円 → 8,490 円(+135 円)

(3)30 歳以上45 歳未満 7,595円 → 7,715 円(+120 円)

(4)30 歳未満      6,835円 → 6,945 円(+110円)


2基本手当日額の最低額の引上げ 2,125 円 → 2,196 円(+71円)




労災保険


・労災保険の給付基礎日額

・給付基礎日額の最低保障額(自動変更対象額)

・労災年金給付等に係る給付基礎日額の年齢階層別最低・最高限度額

・遺族(補償)等一時金等の額の算定に用いる換算率


以上4つが変更になります。


最新記事

すべて表示

令和6年分所得税の定額減税Q&Aを更新(国税庁より)

国税庁より、令和6年4月11日には、「令和6年分所得税の定額減税Q&A」を更新したとの発表がありました。 以下ピックアップした点です。 Q. 給与収入以外の所得により、令和6年分の合計所得金額が1,805万円を超えることが明らかであり、年末調整時に定額減税の適用を受けることができないので、月々の給与等から月次減税額を控除しないでほしいという申出が従業員からありました。この場合、従業員からの申出に従

割増賃金の算定における在宅勤務手当の取扱いについて(厚労省より)

厚労省より、労働基準局の新着の通知として、「割増賃金の算定におけるいわゆる在宅勤務手当の取扱いについて(令和6年4月5日基発0405第6号)」が公表されました。 今回の発表では、在宅勤務をする労働者に使用者から支給される「いわゆる在宅勤務手当」について、割増賃金の算定基礎から除外することができる場合を明確化するため、在宅勤務手当のうちどのようなものであれば割増賃金の算定基礎から除外することが可能で

Comments


bottom of page