• 坂の上社労士事務所

【令和3年4月30日まで申請期限延長】新型コロナ感染対策に最大200万円・中小企業等による感染症対策助成事:東京都

先般、ご案内しておりました「中小企業等による感染症対策助成事業」の申請期限が、当初令和3年2月26日までとなっていたところ、令和3年4月30日までに延長されました。助成率は3分の2以内で、助成限度額はサーモカメラなど備品購入が50万円、内装・設備工事を含む場合は100万円、換気設備の設置を含む場合は200万円、消耗品の共同購入は30万円となっております。


▼助成対象となる取組の例

・換気扇設置、換気機能付エアコン・全熱交換機設置、吸排気設備、窓・扉設置、網戸設置、CO2濃度測定器、サーキュレーター、空気清浄機

・対人距離が確保されるようになるレイアウト変更工事、パーテーション設置、ロールスクリーン・ビニールカーテン設置、アクリル板設置

・自動扉への更新、自動水栓設置、自動水洗・自動開閉トイレ設置、電子決済レジの導入、サーモグラフィー・サーモカメラ設置、床・壁を清拭できる素材に張替え、手洗い場の新設・増設、加湿器


☛当事務所からのアドバイス

この助成金は、審査が非常に厳しく、書類内容に一部でも不備、提出書類の一部でも不足があれば、全ての書類が返却されてしまいます。申請時には、入念な確認が必要です。


詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

職場内で濃厚接触者と推定される従業員の勤務をどう判断するか

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。コロナ感染者については都道府県知事による就業制限が課されますが、濃厚接触者の場合はどのような判断をすれば良いか迷うケースが多々あります。今回は、濃厚接触者の就業制限について、当事務所の考え方を解説します。 1.就業制限・自宅待機期間の原

最低賃金を引き上げた中小企業における雇用調整助成金等の要件緩和について

1.雇用調整助成金の休業規模要件 ①原則の雇用調整助成金 中小企業⇒1/20 大企業⇒1/15 ※事例:中小企業、従業員5人、一人当たり所定労働日数20日 5人×20日=100日 100日×1/20=5日 つまり、5日以上の休業がされていなければ、雇用調整助成金を受給することはで