• 坂の上社労士事務所

最多は「いじめ・嫌がらせ」/令和2年度個別労働紛争状況

厚生労働省から、「令和2年度 個別労働紛争解決制度の施行状況」が公表されています。「個別労働紛争解決制度」は、個々の労働者と事業主との間の労働条件や職場環境などをめぐるトラブルを未然に防止し、早期に解決を図るための制度で、「総合労働相談」、労働局長による「助言・指導」、紛争調整委員会による「あっせん」の3つの方法があります。

令和2年度のポイントは次のとおりです。 ▼総合労働相談件数は前年度より増加。助言・指導申出の件数、あっせん申請の件数は前年度より減少。総合労働相談件数は129万782件で、13年連続で100万件を超え、高止まり

▼民事上の個別労働紛争の相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数の全項目で、「いじめ・嫌がらせ」の件数が引き続き最多 ・民事上の個別労働紛争の相談件数では、79,190件(前年度比9.6%減)で9年連続最多 ・助言・指導の申出では、1,831件(同29.4%減)で8年連続最多 ・あっせんの申請では、1,261件(同31.4%減)で7年連続最多


近年、個別労働紛争の原因として、「いじめ・嫌がらせ」が上位となっています。各企業においては、より一層のハラスメント防止対策を求められます。


詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

厚生労働省で開発中のスマートフォンやタブレットで、年金額を簡単に試算できるツール「公的年金シミュレーター」について、令和4年4月25日から試験運用が開始されました。 これは、日本年金機構から公的年金に加入する皆さまの元へ送られる「ねんきん定期便」に記載されている二次元コードを、ス

令和4年4月22日に厚生労働省のホームページで、令和4年度途中での雇用保険料率の変更に伴う電子申請様式における労働保険保険料申告書(継続事業)の入力項目の取り扱いについて案内が公表されました。 これまでにもお伝えしている通り、令和4年度においては、年度途中で雇用保険料率が変更となります。 そのため、電子申請による労働保険料の概算申告に係る申請書様式(継続事業)において、一部の入力項目の取扱いが変更