• 坂の上社労士事務所

最多は「いじめ・嫌がらせ」/令和2年度個別労働紛争状況

厚生労働省から、「令和2年度 個別労働紛争解決制度の施行状況」が公表されています。「個別労働紛争解決制度」は、個々の労働者と事業主との間の労働条件や職場環境などをめぐるトラブルを未然に防止し、早期に解決を図るための制度で、「総合労働相談」、労働局長による「助言・指導」、紛争調整委員会による「あっせん」の3つの方法があります。

令和2年度のポイントは次のとおりです。 ▼総合労働相談件数は前年度より増加。助言・指導申出の件数、あっせん申請の件数は前年度より減少。総合労働相談件数は129万782件で、13年連続で100万件を超え、高止まり

▼民事上の個別労働紛争の相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数の全項目で、「いじめ・嫌がらせ」の件数が引き続き最多 ・民事上の個別労働紛争の相談件数では、79,190件(前年度比9.6%減)で9年連続最多 ・助言・指導の申出では、1,831件(同29.4%減)で8年連続最多 ・あっせんの申請では、1,261件(同31.4%減)で7年連続最多


近年、個別労働紛争の原因として、「いじめ・嫌がらせ」が上位となっています。各企業においては、より一層のハラスメント防止対策を求められます。


詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

厚生労働省、雇用保険料を2022年度(2022年4月以降)から引き上げ検討へ

今朝の日本経済新聞において、「雇用保険料、22年度にも引き上げへ」という記事を確認しました。雇用調整助成金の給付決定額が4兆円を超え、財源ひっ迫が原因とのことです。もともと、労働保険特別会計雇用勘定は潤沢にありましたが(コロナ前の2019年度は4兆5千億円)、1700億円程度に減