• 坂の上社労士事務所

【よくあるご質問】雇用保険の被保険者氏名変更届について

よくあるご質問として、雇用保険の被保険者氏名変更届について解説します。


1.2020年6月1日以降、雇用保険被保険者氏名変更届が用紙・電子ともに廃止されております。ただし、氏名変更手続自体が不要になったわけではなく、資格喪失や転勤、育児給付や介護給付などの雇用継続給付申請の際に、氏名変更を同時に届出することになります。


2.社会保険に関しては、既に氏名変更の手続は不要です。こちらはマイナンバーとの紐づけが完了している関係で、住民票登録上の氏名が変更後、自動的に社会保険の氏名情報も変更されることになります。

※ただし、健康保険組合に加入の事業所では、手続が必要です。政府管掌の協会けんぽでは不要です。

最新記事

すべて表示

お問い合わせの前に/スタートアップ企業、ベンチャー企業向け

代表社会保険労務士の前田です。最近、当事務所も徐々に認知され始め、大変ありがたいことで、お問い合わせの件数も増えております。各企業様においては、様々な事情、様々なニーズがあることは承知しておりますし、最大限企業様のニーズにお応えさせて頂きたいと思いますが、下記のようなケースではそ

職場内で濃厚接触者と推定される従業員の勤務をどう判断するか

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。コロナ感染者については都道府県知事による就業制限が課されますが、濃厚接触者の場合はどのような判断をすれば良いか迷うケースが多々あります。今回は、濃厚接触者の就業制限について、当事務所の考え方を解説します。 1.就業制限・自宅待機期間の原

健康保険証の直接交付が可能になります【令和3年10月施行】

1.改正の経緯・趣旨 健康保険制度における保険証については、保険者(例:協会けんぽなど)から事業主に送付し、事業主から被保険者に交付すること等が義務付けられています。しかし、テレワークの普及に伴い、在宅勤務者が出社しない場合の保険証の引き渡しに時間を要することから、こうした問題に