top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

10月19日~10月23日まで、宮崎県へ出張の為、東京都に不在となります

こんにちは。

代表の前田です。


10月19日~10月23日、宮崎県に出張の為、東京都に不在となります。当事務所社員の福井についても2日間同行しますが、福井についてはその2日間を除き水道橋オフィスにて常駐しております。当事務所へのお問い合わせ等につきましては福井が対応致します。顧問先企業様におかれましては、期間中、お電話、チャット、メール、オンライン会議にて対応致します。


昨年も同時期に宮崎県にご訪問させていただきました。今年は少し長期でおうかがいします。経営計画発表会、人事評価制度改革、就業規則改定などなど、目白押しです。社長、奥様、従業員の皆様とお会いできるのが楽しみです。社長からは、「ずっと宮崎で仕事すればいい」とお声がけ頂き、有り難い限りです。宮崎訪問の際には、できるだけたくさんお金を使って、地域経済に間接的にでも貢献できればと思います。


坂の上社労士事務所は、東京都、関東圏以外の企業様のご依頼も大歓迎です。

47都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

どこへでもおうかがいします。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

最新記事

すべて表示

令和6年分所得税の定額減税Q&Aを更新(国税庁より)

国税庁より、令和6年4月11日には、「令和6年分所得税の定額減税Q&A」を更新したとの発表がありました。 以下ピックアップした点です。 Q. 給与収入以外の所得により、令和6年分の合計所得金額が1,805万円を超えることが明らかであり、年末調整時に定額減税の適用を受けることができないので、月々の給与等から月次減税額を控除しないでほしいという申出が従業員からありました。この場合、従業員からの申出に従

割増賃金の算定における在宅勤務手当の取扱いについて(厚労省より)

厚労省より、労働基準局の新着の通知として、「割増賃金の算定におけるいわゆる在宅勤務手当の取扱いについて(令和6年4月5日基発0405第6号)」が公表されました。 今回の発表では、在宅勤務をする労働者に使用者から支給される「いわゆる在宅勤務手当」について、割増賃金の算定基礎から除外することができる場合を明確化するため、在宅勤務手当のうちどのようなものであれば割増賃金の算定基礎から除外することが可能で

Comments


bottom of page