top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

雇用保険マルチジョブホルダー制度が新設【令和4年1月1日より】

65歳以上の労働者を対象として新たな制度が設けられます。

従来の制度では加入要件を満たさなかった労働者が、以下の要件を満たす場合に雇用保険の被保険者(マルチ高年齢被保険者)になることができるというものです。


①複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者であること

②その内2つの事業所(1つの事業所における1週間の所定労働時間が5時間以上20時間未   満)の労働時間を合計して、1週間の所定労働時間が20時間以上であること

③2つの事業所のそれぞれの雇用見込みが31日以上であること


通常の雇用保険資格の取得・喪失手続と異なり事業主ではなくマルチ高年齢被保険者としての適用を希望する本人がハローワークへ申出し手続を行う必要がございます。


ただし、事業主の証明(雇用の事実や所定労働時間等)が必要なため、申請を希望する労働者から証明を求められた場合には対応が必要となります。


最新記事

すべて表示

越境テレワーク運用上の取扱い  

 近年のグローバル化で海外に居住しながら日本国内の企業に対し、リモートで業務を行う越境テレワークが広まりつつあります。  越境テレワーク勤務での下記2つのパターンを想定し、労働者災害補償保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険、介護保険の対象となるのかどうかと労務管理上の留意点、

Comments


bottom of page