• 坂の上社労士事務所

雇用保険マルチジョブホルダー制度が新設【令和4年1月1日より】

65歳以上の労働者を対象として新たな制度が設けられます。

従来の制度では加入要件を満たさなかった労働者が、以下の要件を満たす場合に雇用保険の被保険者(マルチ高年齢被保険者)になることができるというものです。


①複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者であること

②その内2つの事業所(1つの事業所における1週間の所定労働時間が5時間以上20時間未   満)の労働時間を合計して、1週間の所定労働時間が20時間以上であること

③2つの事業所のそれぞれの雇用見込みが31日以上であること


通常の雇用保険資格の取得・喪失手続と異なり事業主ではなくマルチ高年齢被保険者としての適用を希望する本人がハローワークへ申出し手続を行う必要がございます。


ただし、事業主の証明(雇用の事実や所定労働時間等)が必要なため、申請を希望する労働者から証明を求められた場合には対応が必要となります。


くわしくはこちら

最新記事

すべて表示

8月1日から適用される雇用保険の基本手当日額、支給限度額等の変更が厚生労働省より公表されています。 主な変更の内容は次のとおりです(「令和4年8月1日から適用)。 1 基本手当日額の最高額の引上げ 基本手当日額の最高額は、年齢ごとに以下のようになります。 ① 60 歳以上 65

厚生労働省より、リーフレット<離職後に事業を開始等した方は雇用保険受給期間の特例を申請できます(厚労省)>が公表されています。 雇用保険の基本手当の受給期間は、原則として、離職日の翌日から1年以内となっていますが、令和4年7月1日施行の雇用保険法の改正により、事業を開始等した方が

日本年金機構より、「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集(令和4年10月施行分)」が公表されています。その中で、注意したいQ&Aを抜粋します。 問5 4分の3要件を満たさない短時間労働者として被保険者資格を取得したが、雇用契約の変更等で正社員等の一般被保険