top of page
  • 坂の上社労士事務所

「くるみん」認定等に対応した申請書等を紹介(東京労働局)

令和4年4月1日から、いわゆる次世代法(次世代育成支援対策推進法)による「くるみん」認定・「プラチナくるみん」の認定基準が改正され、新しい認定制度「トライくるみん」及び「プラス」が創設されました。


認定制度の改正に伴って、くるみん認定の認定申請書(第2号様式)・プラチナくるみん認定の申請書(第3号様式)の変更も行われております。


なお、認定申請に際しては関係法令順守報告書も必要となります。


東京労働局のホームページでは、令和4年4月14日付で改正の概要を紹介するとともに、改正に対応した申請書等をダウンロードできるページを設けています。


申請書式は全国共通となっているため、管轄を問わず参照できる内容となっておりますので、下記リンク先をご参照ください。



詳しくはこちら



最新記事

すべて表示

協会けんぽより、新型コロナにかかる傷病手当金の申請について、その要件など、わかりやすく説明されたページが公開されています。濃厚接触者の場合の判断、医師証明不要のケース(申立が必要になる場合もあり)、注意事項も含め説明されているのでご参考下さい。 なお、令和5年1月より、傷病手当金

東京労働局より、「育児休業360度徹底解説!」(東京都・東京労働局コラボ企画)配信スタート!」が公表されています。 パパ・ママ、企業の皆様に向けて、令和4年10月にスタートした「産後パパ育休」など育児休業制度(法律)のこと、お金のこと、保育園のことなど、まとめてとことん解説します

令和4年10月1日の育児休業法の改正(出生時育児休業の創設、育児休業の見直し)に伴い、雇用保険の育児休業給付金制度も制度変更されます。なお、制度変更については、令和4年10月1日以降に開始する育児休業が対象となります。主な変更点は以下です。 1.雇用保険の被保険者の方が、子の出生

bottom of page