top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

「くるみん」認定等に対応した申請書等を紹介(東京労働局)

令和4年4月1日から、いわゆる次世代法(次世代育成支援対策推進法)による「くるみん」認定・「プラチナくるみん」の認定基準が改正され、新しい認定制度「トライくるみん」及び「プラス」が創設されました。


認定制度の改正に伴って、くるみん認定の認定申請書(第2号様式)・プラチナくるみん認定の申請書(第3号様式)の変更も行われております。


なお、認定申請に際しては関係法令順守報告書も必要となります。


東京労働局のホームページでは、令和4年4月14日付で改正の概要を紹介するとともに、改正に対応した申請書等をダウンロードできるページを設けています。


申請書式は全国共通となっているため、管轄を問わず参照できる内容となっておりますので、下記リンク先をご参照ください。





最新記事

すべて表示

新型コロナ5類感染症移行後の対応について

感染症法では、感染症について感染力や感染した場合の重篤性などを総合的に勘案し1~5類等に分類し、感染拡大を防止するために行政が講ずることができる対策を定めています。 新型コロナウイルス感染症の位置づけは、これまで、「新型インフルエンザ等感染症(いわゆる2類相当)」としていましたが

フリーランス新法が成立/報酬60日以内支払いなど詳細が公表されています

フリーランスについては、「新しい資本主義のグランドデザイン及び実行計画」において、取引適正化のための法制度について検討し、国会に提出することとされました。これを受け、令和5年2月24日に「特定受託事業者に係る取引の適正化等に関する法律」(フリーランス・事業者間取引適正化等法)が国

Comments


bottom of page