• 坂の上社労士事務所

「くるみん」認定等に対応した申請書等を紹介(東京労働局)

令和4年4月1日から、いわゆる次世代法(次世代育成支援対策推進法)による「くるみん」認定・「プラチナくるみん」の認定基準が改正され、新しい認定制度「トライくるみん」及び「プラス」が創設されました。


認定制度の改正に伴って、くるみん認定の認定申請書(第2号様式)・プラチナくるみん認定の申請書(第3号様式)の変更も行われております。


なお、認定申請に際しては関係法令順守報告書も必要となります。


東京労働局のホームページでは、令和4年4月14日付で改正の概要を紹介するとともに、改正に対応した申請書等をダウンロードできるページを設けています。


申請書式は全国共通となっているため、管轄を問わず参照できる内容となっておりますので、下記リンク先をご参照ください。



詳しくはこちら



最新記事

すべて表示

厚生労働省で開発中のスマートフォンやタブレットで、年金額を簡単に試算できるツール「公的年金シミュレーター」について、令和4年4月25日から試験運用が開始されました。 これは、日本年金機構から公的年金に加入する皆さまの元へ送られる「ねんきん定期便」に記載されている二次元コードを、ス

令和4年4月22日に厚生労働省のホームページで、令和4年度途中での雇用保険料率の変更に伴う電子申請様式における労働保険保険料申告書(継続事業)の入力項目の取り扱いについて案内が公表されました。 これまでにもお伝えしている通り、令和4年度においては、年度途中で雇用保険料率が変更となります。 そのため、電子申請による労働保険料の概算申告に係る申請書様式(継続事業)において、一部の入力項目の取扱いが変更