top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

労災保険運用見直し 未手続事業主に対する費用徴収制度

厚生労働省から、「未手続事業主に対する費用徴収制度の運用の見直しについて(令和5年基発0720第1号)」が公表されました。

労災保険の費用徴収制度について、未手続事業主に対する制度の運用を見直すものです。


[主な見直しの内容] ① 事業主の故意の認定 保険関係成立届の提出について行政機関からの指導等を受けたことがある事業主であって、その提出を行っていないものについて、現行の取扱いでは「故意又は重大な過失」と認定した上で、費用徴収率を40%としているが、この取扱いを改め、「故意」と認定した上で、原則、費用徴収率を100%とする。


② 事業主の重大な過失の認定 保険関係成立届の提出について行政機関からの指導等を受けたことがない事業主であって、保険関係成立日以降1年を経過してなおその提出を行っていないものについて、原則、「重大な過失」と認定した上で、費用徴収の対象とする。また、この場合の費用徴収率は40%とする。


③ 費用徴収の対象となる保険給付 現行の取扱いでは、当該事故に関し、保険関係成立届の提出があった日の前日までに支給事由が生じた保険給付(療養開始後3年以内に支給事由が生じたものに限る。)を費用徴収の対象としているが、この取扱いを改め、当該事故に関し、保険関係成立届の提出があった日以後に支給事由が生じた保険給付も費用徴収の対象とする。

最新記事

すべて表示

令和6年4月 建設業・自動車運転業務・医師にも時間外労働の上限規制 適用(東京労働局)

東京労働局から、「本年4月1日から建設業・自動車運転業務・医師にも時間外労働の上限規制が適用されます」というお知らせがありました。 本年4月1日から、建設業・自動車運転業務・医師においても時間外労働の上限規制が適用されることに伴い、時間外労働及び休日労働に関する協定(36協定)届も新しい様式に改正されます。 東京労働局では、都内 18 の労働基準監督署(支署)に設置している「労働時間相談・支援コー

日本年金機構 お知らせなどの情報を掲載

日本年金機構では、事業主の皆さま及び厚生年金保険被保険者の皆さまに、年金制度などについての情報を提供するために、基本的に毎月、「日本年金機構からのお知らせ」を公表しています。今回、令和6年2月号が公表されました。 【ご案内】 ・被保険者資格取得届への個人番号の記載が義務化されました ・賞与支払届を忘れずにご提出ください ・年収の壁に取り組む企業への支援強化パッケージが始まりました! ・令和6年1月

「ワークエンゲージメントの向上」更新(働き方・休み方改善ポータルサイト)

「働き方・休み方改善ポータルサイト(厚生労働省の委託事業)」では、企業の皆様が自社の社員の働き方・休み方の見直しや改善に役立つ情報を提供しています。 ・リーフレット エンゲージメントの概念や、企業がエンゲージメント向上に取り組む意義に加え、具体的な取組事例などを紹介しています。 ・ワークエンゲージメント向上取組事例の紹介 働く方々のエンゲージメントの向上に取り組む企業の取組事例を紹介しています。

bottom of page