top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

長時間労働が疑われる事業場への監督指導 実施した事業場の81.2%が労働基準関係法令違反(令和4年度の状況)

厚生労働省は、令和4年度に長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署が実施した監督指導の結果を取りまとめ、監督指導事例とともに公表しましました(令和5年8月3日公表)。


 この監督指導は、各種情報から、時間外・休日労働時間数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や長時間にわたる過重な労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象として実施されたものです。


【監督指導結果のポイント】 1. 監督指導の実施事業場:33,218事業場


2. 主な違反内容(1.のうち、法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場)

①違法な時間外労働があったもの:14,147事業場(42.6%)

うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が

   月80時間を超えるもの:5,247事業場(37.1%)

うち、月100時間を超えるもの:3,320事業場(23.5%)

うち、月150時間を超えるもの:752事業場(5.3%)

うち、月200時間を超えるもの:168事業場(1.2%)


②賃金不払残業があったもの:3,006事業場(9.0%)


③過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:8,852事業場(26.6%)


3. 主な健康障害防止に関する指導の状況(1.のうち、健康障害防止のため指導票を交付した事業場)

①過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導したもの:13,296事業場(40.0%)

②労働時間の把握が不適正なため指導したもの:6,069事業場(18.3%)



最新記事

すべて表示

令和6年分所得税の定額減税Q&Aを更新(国税庁より)

国税庁より、令和6年4月11日には、「令和6年分所得税の定額減税Q&A」を更新したとの発表がありました。 以下ピックアップした点です。 Q. 給与収入以外の所得により、令和6年分の合計所得金額が1,805万円を超えることが明らかであり、年末調整時に定額減税の適用を受けることができないので、月々の給与等から月次減税額を控除しないでほしいという申出が従業員からありました。この場合、従業員からの申出に従

割増賃金の算定における在宅勤務手当の取扱いについて(厚労省より)

厚労省より、労働基準局の新着の通知として、「割増賃金の算定におけるいわゆる在宅勤務手当の取扱いについて(令和6年4月5日基発0405第6号)」が公表されました。 今回の発表では、在宅勤務をする労働者に使用者から支給される「いわゆる在宅勤務手当」について、割増賃金の算定基礎から除外することができる場合を明確化するため、在宅勤務手当のうちどのようなものであれば割増賃金の算定基礎から除外することが可能で

ความคิดเห็น


bottom of page