top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

令和5年度 被扶養者資格再確認について案内(協会けんぽ)

協会けんぽ(全国健康保険協会)では、保険給付の適正化などを目的に、健康保険法施行規則第50条に基づき、健康保険の被扶養者となっている方が、現在もその状況にあるかを確認するため、毎年度、被扶養者資格の再確認を実施しています。



1実施時期

令和5年10月下旬から11月上旬にかけて、順次「被扶養者状況リスト」を事業主様へお送りいたします。


2再確認の対象となる被扶養者

令和5年4月1日において、18歳以上である被扶養者の方。

ただし、令和5年4月1日以降に被扶養者となった方は、確認の対象外となります。



3確認方法

事業主様より対象の被扶養者の方が健康保険の被扶養者要件を満たしているかご確認いただき、被扶養者状況リストに確認結果をご記入のうえ、同封の返信用封筒でご提出ください。



4確認書類の提出について

被保険者と別居している被扶養者、海外に在住している被扶養者については、

被扶養者状況リストに同封されている被扶養者現況申立書を記入し、被扶養者要件を満たしていることが確認できる書類の提出を併せてお願いいたします。



5扶養解除となる被扶養者がいる場合

確認の結果、扶養解除となる被扶養者がいる場合は、被扶養者状況リストに同封されている被扶養者調書兼異動届を記入し、解除となる方の保険証の提出を併せてお願いいたします。

 


6提出期限

令和5年12月8日(金曜日)

被扶養者資格の再確認が終わりましたら、速やかにご提出ください。



協会けんぽでは、「被扶養者資格の再確認は、被扶養者の現況確認だけではなく、加入者のみなさまの保険料負担の軽減につながる大切な確認です」として、理解と協力を求めています。

最新記事

すべて表示

令和6年分所得税の定額減税に関するお知らせ

国税庁から令和6年分所得税の定額減税について二つお知らせがありましたので紹介します。 まず一つ目が、令和6年3月1日、「給与支払者向け所得税定額減税コールセンター」の開設と、「給与支払者向け定額減税説明会」の開催についてです。コールセンターでは、所得税の定額減税制度における給与の源泉徴収に関する一般的なご質問やご相談を受け付けています。説明会は、全国各地の税務署等で、令和6年3月下旬から令和6年5

令和6年3月25日官報にて、保育所等の「落選狙い」(育児休業給付金の延長目的)を防ぐための改正省令を公表

令和6年3月25日、官報に、「雇用保険法施行規則の一部を改正する省令(令和6年厚生労働省令第47号)」が公布されました。(令和7年4月1日施行)こ育児休業給付金の受給期間を延長する目的の改正省令は、育児休業給付金について、子が1歳に達した後も休業を延長(最大2歳まで)し、その支給を受けるための要件について、下線部のカッコ書を加えられました。 ●保育所等における保育の利用を希望し、申込みを行っている

厚労省がストレスチェック実施プログラムの最新版を公開

厚労省は、各事業場において円滑に導入できるよう、労働安全衛生法において規定しているストレスチェック制度について、「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」を、「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」ダウンロードサイトにおいて公開しています。 令和6年3月19日、そのプログラムの最新版(ver.3.7)が、ダウンロードサイトにおいてリニューアルされました。 「Ver3.6以前のプログラムを

留言


bottom of page