• 坂の上社労士事務所

【当事務所推奨】【東京都】新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン等に基づく対策実行支援事業 /申請期限10月30日まで(郵送)必着

1.助成事業の目的

都内中小企業者等に対し、新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン等に基づき行う取組費用の一部を助成


2.助成対象者

都内中小企業者(会社及び個人事業者)、一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動 法人(NPO法人)、中小企業団体等


3.申請受付期間

令和2年6月18日から10月30日まで(郵送)必着


4.助成事業実施期間

令和2年5月14日から12月31日まで


5.助成限度額

50万円(ただし、内装・設備工事費を含む場合は100万円)(申請下限額10万円)


6.助成率

2/3


詳細はこちら


☛《ご参考》ガイドライン等に基づく感染予防対策に係る助成対象経費例

①内装・設備工事費

パーテーション・アクリル板・透明ビニールシート・防護スクリーン等の設置工事費、換気設備・換気扇等の設置工事費、センサー付水洗化工事費


②備品購入費(1点あたりの購入単価が税抜10万円以上)

サーモカメラ・サーモグラフィーの購入費、サッカー台(作業台)の購入費


※助成対象外

・1点あたりの購入単価が税抜10万円未満の消耗品(消毒液、マスク、ゴーグル、フェイスシールド、ヘアネット、手袋、ゴミ袋、石鹸、洗浄剤、漂白剤、トイレ用 ペーパータオル、使い捨てアメニティ用品、体温計、コイントレー等)の購入費

・1点あたりの購入価格が税抜10万円未満のアクリル板・透明ビニールシート等を購入して自分で設置する場合は助成対象外となります。

・中古品の購入費

・車両の購入費


☛≪当事務所からのアドバイス≫

・令和2年5月14日から12月31日まで実施した事業経費が対象となるので、今から申請する企業様で既に実施済みであっても、助成金の対象となる場合があります。ただし、令和2年5月14日以降に実施した事業であることは絶対条件です。

・この助成金は、業種別のガイドラインに沿った事業に対する経費が対象です。自社の業種別ガイドラインをあらためて確認しましょう。詳細はこちら

最新記事

すべて表示

職場内で濃厚接触者と推定される従業員の勤務をどう判断するか

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。コロナ感染者については都道府県知事による就業制限が課されますが、濃厚接触者の場合はどのような判断をすれば良いか迷うケースが多々あります。今回は、濃厚接触者の就業制限について、当事務所の考え方を解説します。 1.就業制限・自宅待機期間の原

最低賃金を引き上げた中小企業における雇用調整助成金等の要件緩和について

1.雇用調整助成金の休業規模要件 ①原則の雇用調整助成金 中小企業⇒1/20 大企業⇒1/15 ※事例:中小企業、従業員5人、一人当たり所定労働日数20日 5人×20日=100日 100日×1/20=5日 つまり、5日以上の休業がされていなければ、雇用調整助成金を受給することはで