• 坂の上社労士事務所

雇用調整助成金の計算方法【雇用保険被保険者以外の場合】

▼雇用保険被保険者の場合

雇用調整助成金の受給額計算式については、以下となります。

支給した休業手当の平均額 ×対象労働者休業総日数× 支給率


事例】雇用保険未加入のアルバイト1名を10日間休業、休業手当は総額6万円を支給

休業手当平均額→60,000円÷10日=6,000円

助成額→6,000円×10日×90%=54,000円

※助成額の一日当たり単価は8,330円が上限です。


☛ポイント

・雇用保険被保険者以外の場合、休業期間中に実際に支払った休業手当と助成額は連動します。

最新記事

すべて表示

厚生労働省より、人材開発支援助成金について、制度見直しのパンフレットが公表されております。具体的な制度変更の内容としては、訓練施設の要件変更、提出書類の省略、定額制訓練の要件変更、OJT訓練指導者の要件変更、教育訓練短時間勤務等制度の要件変更、OJTの実施要件の変更となります。

厚生労働省は、9月1日から、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引き上げを図る中小企業・小規模事業者の生産性向上に向けた取り組みを支援するための「業務改善助成金」制度※1の拡充を行います。原材料費高騰等の要因で利益率※2が減少した中小企業・小規模事業者を特例の対象とし、こ