• 坂の上社労士事務所

両立支援助成金のご案内/職場復帰後支援(子の看護休暇制度)

1.制度概要

法を上回る子の看護休暇制度を導入し、労働者が職場復帰後、6ヶ月以内に一定以上利用させた場合に助成される制度です。


※子の看護休暇とは

子の看護休暇は、労働者が子の看護を目的として休暇を取得できる制度で、年次有給休暇とは別に付与しなければならない休暇です。子の看護とは、傷病にかかった子の世話や、疾病の予防を図るための世話などをいいます。子の看護休暇を取得できるのは、子を養育する従業員であり、取得条件は以下となります。

①小学校就学の始期に達するまでの子を養育していること

②1年度に従業員1人につき5日(子が2人以上の場合は10日)

③1日、半日、時間単位で取得することが可能


2.支給要件

①平成30年4月1日以降、新たに法律を上回る子の看護休暇制度を整備したこと

②対象労働者の育児休業からの復帰後6か月以内に、10時間以上の子の看護休暇を取得させたこと

③対象労働者を育児休業開始日、及び育児休業が終了 してから支給申請日までの6か月以上継続した期間について、雇用保険被保険者として雇用していること

④対象労働者の休業開始前に育児休業制度などを労働協約または就業規則に定めていること

⑤次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画を策定し、労働局に届け出ていること


3.助成額

制度導入時 28.5万円

看護休暇1時間あたり 1,000円


詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

令和4年10月1日の育児休業法の改正(出生時育児休業の創設、育児休業の見直し)に伴い、雇用保険の育児休業給付金制度も制度変更されます。なお、制度変更については、令和4年10月1日以降に開始する育児休業が対象となります。主な変更点は以下です。 1.雇用保険の被保険者の方が、子の出生

厚生労働省より、人材開発支援助成金について、制度見直しのパンフレットが公表されております。具体的な制度変更の内容としては、訓練施設の要件変更、提出書類の省略、定額制訓練の要件変更、OJT訓練指導者の要件変更、教育訓練短時間勤務等制度の要件変更、OJTの実施要件の変更となります。