top of page
  • 坂の上社労士事務所

マイナンバーカードが「マイナ保険証」として利用可能に

10月20日よりマイナンバーカードを健康保険証として使える制度の本格運用が始まりました。この制度により就職・転職・引越をしてもマイナンバーカードを健康保険証として使えたり、医療機関では受付などに設置された読み取り機にマイナンバーカードを置き、顔の照合か暗証番号を入れるだけで本人確認ができたりすることで、過去の特定健診や処方された薬の情報が確認できるなど利便性の向上や診療精度の向上が期待されます。

一方で、本システムを利用可能な医療機関はおよそ8%にとどまっていて、普及促進が今後の課題といえそうです。


くわしくはこちら

最新記事

すべて表示

協会けんぽより、新型コロナにかかる傷病手当金の申請について、その要件など、わかりやすく説明されたページが公開されています。濃厚接触者の場合の判断、医師証明不要のケース(申立が必要になる場合もあり)、注意事項も含め説明されているのでご参考下さい。 なお、令和5年1月より、傷病手当金

日本年金機構は、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の電子データを、マイナポータルの「お知らせ」で受け取れる電子送付サービスを開始したと公表しています。受け取った電子データは、e-Taxでの確定申告等や年末調整で利用することができます。 会社の年末調整ソフトウエアが年末調整の電

bottom of page