• 坂の上社労士事務所

マイナンバーカードが「マイナ保険証」として利用可能に

10月20日よりマイナンバーカードを健康保険証として使える制度の本格運用が始まりました。この制度により就職・転職・引越をしてもマイナンバーカードを健康保険証として使えたり、医療機関では受付などに設置された読み取り機にマイナンバーカードを置き、顔の照合か暗証番号を入れるだけで本人確認ができたりすることで、過去の特定健診や処方された薬の情報が確認できるなど利便性の向上や診療精度の向上が期待されます。

一方で、本システムを利用可能な医療機関はおよそ8%にとどまっていて、普及促進が今後の課題といえそうです。


くわしくはこちら

最新記事

すべて表示

令和3年の社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の発行について【日本年金機構が告知】

10月22日に個人番号保護委員会から、個人番号(マイナンバー)の範囲について、問い合わせを受けることが多いということで周知が行われております。 周知内容は次のとおりです。 ●番号法第2条第8項において、個人番号(マイナンバー)とは、第5項に定義される番号そのものだけでなく「個人番

社保審の医療保険部会が国民健康保険の保険料・後期高齢者医療の保険料の賦課限度額を令和4年度から引き上げる案を提示

10月22日に個人番号保護委員会から、個人番号(マイナンバー)の範囲について、問い合わせを受けることが多いということで周知が行われております。 周知内容は次のとおりです。 ●番号法第2条第8項において、個人番号(マイナンバー)とは、第5項に定義される番号そのものだけでなく「個人番