• 坂の上社労士事務所

4月~6月に一時帰休(休業)した場合の算定基礎届Q&A

Q1.一時帰休とは何か。

Q1.休業を指します。一か月に1日でも休業すれば、また、例えば1カ月の中の1日の内の2時間でも休業すれば、算定基礎届でいう「一時帰休(休業)」に該当します。


Q2.一時帰休による休業手当が支払われた日は、支払基礎日数に含まれるのか。

A2.一時帰休による休業手当が支払われた日も、支払基礎日数に含まれます。


Q3.4月・5月・6月に休業手当が支払われた月がある場合、標準報酬月額の決定に当たって、一時帰休の状態が解消しているかどうかは、どの時点で判断することになるのか。

A3.7月1時点


Q4.一時帰休が解消している状態とは、どのようなケースなのか。

A4.7月1日の時点で、低額な休業手当の支払いが行われておらず、その後も低額な休業手当が支払われる見込みがないケースをいいます。なお、低額な休業手当とは、通常の賃金の100%未満の休業手当を指す為、通常の賃金の100%を支払う休業手当はここでいう「低額な休業手当」に該当しません。よって、この場合は例年通りの届出となります。

☛7月1日以降、低額の休業手当が支払われる見込みがある場合

7月以降、低額の休業手当の支払いが見込まれれば、一時帰休が解消されているとは言えません。極端な例を言えば、7月1日時点において8月や9月に休業を実施する見込みがある場合、一時帰休は解消されていないことになります。ただし、休業を見込んでいたが実際に休業しなかった場合は、既に提出した算定基礎届の訂正をしなければなりません。


Q5.7月1日以降休業が継続するか否かにより、どのように算定の取り扱いが変わるのでしょうか?

Q5.具体例で説明します。


【7月1日以降休業しない場合】

①4月⇒休業手当なし、5月⇒休業手当あり、6月⇒休業手当あり

4月の報酬で決定します。

②4月⇒休業手当あり、5月⇒休業手当あり、6月⇒休業手当あり

従前の標準報酬で決定します。


【7月1日以降休業する場合】

①4月⇒休業手当なし、5月⇒休業手当あり、6月⇒休業手当あり

4月・5月・6月の報酬で決定します。

②4月⇒休業手当あり、5月⇒休業手当あり、6月⇒休業手当あり

4月・5月・6月の報酬で決定します。

※②の場合で2等級以上の差が生じる場合は、7月の随時改定に該当し、月額変更届の手続きが必要となります。


Q6.8月以降休業しなくなった場合、手続きは必要ですか?

A6.通常勤務を開始した月(8月)を起点とし、8月・9月・10月の平均報酬が現在報酬と2等級以上の差となれば、月額変更届の手続きが必要となります。


Q7.休業手当を支払った際の月額変更届について教えてください。

A7.休業手当を支払った際の月額変更届については、次の3つの基準を参考にしてください。

①支払基礎日数が17日以上であること(休業日も支払基礎日数に含む)

②休業手当の支払い月が3カ月連続していること

③現標準報酬と比べ2等級以上の差があること

※②に注意が必要です。休業手当を支払った月が3カ月連続していることが、一時帰休による月額変更届の条件となります。隔月で休業手当を支払うようなケースは該当しません。


最新記事

すべて表示

職場内で濃厚接触者と推定される従業員の勤務をどう判断するか

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。コロナ感染者については都道府県知事による就業制限が課されますが、濃厚接触者の場合はどのような判断をすれば良いか迷うケースが多々あります。今回は、濃厚接触者の就業制限について、当事務所の考え方を解説します。 1.就業制限・自宅待機期間の原

健康保険証の直接交付が可能になります【令和3年10月施行】

1.改正の経緯・趣旨 健康保険制度における保険証については、保険者(例:協会けんぽなど)から事業主に送付し、事業主から被保険者に交付すること等が義務付けられています。しかし、テレワークの普及に伴い、在宅勤務者が出社しない場合の保険証の引き渡しに時間を要することから、こうした問題に

健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額の特例改定【令和3年8月から令和3年12月】

1.標準報酬月額の特例改定とは ・新型コロナの影響による休業で著しく報酬が下がった場合、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定を可能とする措置です。 ・令和2年4月から令和3年7月まで実施中 2.今回の特例改定実施内容 ①令和3年8月から令和3年12月ま