• 坂の上社労士事務所

4月~6月に一時帰休(休業)した場合の算定基礎届Q&A

Q1.一時帰休とは何か。

Q1.休業を指します。一か月に1日でも休業すれば、また、例えば1カ月の中の1日の内の2時間でも休業すれば、算定基礎届でいう「一時帰休(休業)」に該当します。


Q2.一時帰休による休業手当が支払われた日は、支払基礎日数に含まれるのか。

A2.一時帰休による休業手当が支払われた日も、支払基礎日数に含まれます。


Q3.4月・5月・6月に休業手当が支払われた月がある場合、標準報酬月額の決定に当たって、一時帰休の状態が解消しているかどうかは、どの時点で判断することになるのか。

A3.7月1時点


Q4.一時帰休が解消している状態とは、どのようなケースなのか。

A4.7月1日の時点で、低額な休業手当の支払いが行われておらず、その後も低額な休業手当が支払われる見込みがないケースをいいます。なお、低額な休業手当とは、通常の賃金の100%未満の休業手当を指す為、通常の賃金の100%を支払う休業手当はここでいう「低額な休業手当」に該当しません。よって、この場合は例年通りの届出となります。

☛7月1日以降、低額の休業手当が支払われる見込みがある場合

7月以降、低額の休業手当の支払いが見込まれれば、一時帰休が解消されているとは言えません。極端な例を言えば、7月1日時点において8月や9月に休業を実施する見込みがある場合、一時帰休は解消されていないことになります。ただし、休業を見込んでいたが実際に休業しなかった場合は、既に提出した算定基礎届の訂正をしなければなりません。


Q5.7月1日以降休業が継続するか否かにより、どのように算定の取り扱いが変わるのでしょうか?

Q5.具体例で説明します。


【7月1日以降休業しない場合】

①4月⇒休業手当なし、5月⇒休業手当あり、6月⇒休業手当あり

4月の報酬で決定します。

②4月⇒休業手当あり、5月⇒休業手当あり、6月⇒休業手当あり

従前の標準報酬で決定します。


【7月1日以降休業する場合】

①4月⇒休業手当なし、5月⇒休業手当あり、6月⇒休業手当あり

4月・5月・6月の報酬で決定します。

②4月⇒休業手当あり、5月⇒休業手当あり、6月⇒休業手当あり

4月・5月・6月の報酬で決定します。

※②の場合で2等級以上の差が生じる場合は、7月の随時改定に該当し、月額変更届の手続きが必要となります。


Q6.8月以降休業しなくなった場合、手続きは必要ですか?

A6.通常勤務を開始した月(8月)を起点とし、8月・9月・10月の平均報酬が現在報酬と2等級以上の差となれば、月額変更届の手続きが必要となります。


Q7.休業手当を支払った際の月額変更届について教えてください。

A7.休業手当を支払った際の月額変更届については、次の3つの基準を参考にしてください。

①支払基礎日数が17日以上であること(休業日も支払基礎日数に含む)

②休業手当の支払い月が3カ月連続していること

③現標準報酬と比べ2等級以上の差があること

※②に注意が必要です。休業手当を支払った月が3カ月連続していることが、一時帰休による月額変更届の条件となります。隔月で休業手当を支払うようなケースは該当しません。


最新記事

すべて表示

賞与支払届総括表・算定基礎届総括表の廃止、賞与不支給報告書の新設について

1.令和3年4月から賞与支払届等に係る総括表が廃止となります 厚生年金保険の適用事務に係る事業主等の事務手続きの利便性向上を図る目的から、賞与支払届・算定基礎届の提出の際に添付していた総括表が廃止されることになりました。 ※令和3年4月1日以降提出分から、総括表の添付が不要となり

令和3年度の雇用保険料率が公表されています

厚生労働省より、令和3年度(令和3年4月1日~令和4年3月31日)の雇用保険料率が公表されました。令和2年度から変更はありません。 ▼労働者負担 一般の事業 3/1,000 農林水産・清酒製造の事業 4/1,000 建設の事業 4/1,000 ▼事業主負担 一般の事業 6/1,0

令和3年度の協会けんぽ保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます/健康保険・介護保険

協会けんぽ(全国健康保険協会)から、3月分(4月納付分)健康保険料率改定から改定が公表されています。給与計算など実務上注意が必要です。 令和3年度の変更のポイント 1.都道府県単位保険料率は、富山県以外は引き上げ又は引き下げ(全国平均10%は維持) 2.全国一律の介護保険料率は、