• 坂の上社労士事務所

在宅勤務に伴う通勤手当不支給時の社会保険標準報酬の考え方

在宅勤務に伴い、通勤手当を不支給(または既に支払い済みの通勤手当を控除精算)とした場合は、社会保険でいう「固定的賃金」の変動に該当します。これは、在宅勤務を臨時的に実施した場合も同様の扱いとなります。


ケース1 4月以降、恒久的に在宅勤務とし、通勤手当を今後支払わない場合

4月・5月・6月の報酬で随時改定に該当するかを判断します。


ケース2 4月のみ在宅勤務で通勤手当を支払わず、5月以降通常勤務を実施し通勤手当を支払った場合

4月・5月・6月の報酬で随時改定に該当するかを判断します。また、5月・6月・7月の報酬で随時改定に該当するかを判断します。つまり、4月起点(通勤手当不支給)、5月起点(通勤手当支給開始)の2段階で随時改定を確認しなければなりません。


ケース3 1月に6カ月定期代を支給しており、4月以降在宅勤務を実施。4月以降3カ月分の通勤手当を4月給与で控除精算した場合

4月を起点(通勤手当控除精算)とし、4月・5月・6月の報酬で随時改定に該当するかを判断します。

最新記事

すべて表示

令和4年3月31日に厚生労働省から、保険局の新着の通知として、「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律による健康保険法等の改正内容の一部に関するQ&Aの送付について」が公表されました(ホームページには令和4年4月13日掲載)。 内容としては、同

令和4年4月1日より日本年金機構では、日・スウェーデン社会保障協定の発効について、事前周知を行っております。 概要としては「社会保障に関する日本国とスウェーデン王国との間の協定(日・スウェーデン社会保障協定)」について、令和4年3月28日に、効力発生のための外交上の公文の交換が行