• 坂の上社労士事務所

10月より法定の歯科健康診断 事業場規模を問わず実施報告を義務づけへ(労政審安全衛生分科会答申)

令和4年3月23日に、厚生労働大臣より労働政策審議会に対して「労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」について諮問がなされました。同審議会安全衛生分科会で審議の結果、妥当であるとの答申がなされたとのことです。

厚生労働省は、この答申を踏まえて、令和4年10月1日の施行に向け、速やかに省令の改正作業を進めていくとのことです。


この改正省令案による改正案のポイントは次のとおりです。


◆歯科健康診断の実施報告に係る規定の改正

労働安全衛生規則に基づき、有害な業務に従事する労働者に対して歯科健康診断を実施する義務のある事業者について、その使用する労働者の人数にかかわらず、法定の歯科健康診断(定期のものに限る。)を行ったときは、結果報告書を所轄労働基準監督署長に提出することとする。


※これまでは安衛則第52条の規定により、常時50人以上の労働者を使用する事業者は、歯科健康診(定期のものに限る。)を行ったときは、定期健康診断結果報告書を所轄労働基準監督署長に提出しなければならないこととなっています。ところが令和元年度に一部地域で歯科健康診断の実施状況について自主点検をしたところ、常時使用する労働者が50人未満の事業場においては、歯科健康診断の実施率が非常に低いことが判明したため、今回改正が図られることになったようです。



詳しくはこちら


最新記事

すべて表示

厚生労働省で開発中のスマートフォンやタブレットで、年金額を簡単に試算できるツール「公的年金シミュレーター」について、令和4年4月25日から試験運用が開始されました。 これは、日本年金機構から公的年金に加入する皆さまの元へ送られる「ねんきん定期便」に記載されている二次元コードを、ス

令和4年4月22日に厚生労働省のホームページで、令和4年度途中での雇用保険料率の変更に伴う電子申請様式における労働保険保険料申告書(継続事業)の入力項目の取り扱いについて案内が公表されました。 これまでにもお伝えしている通り、令和4年度においては、年度途中で雇用保険料率が変更となります。 そのため、電子申請による労働保険料の概算申告に係る申請書様式(継続事業)において、一部の入力項目の取扱いが変更