• 坂の上社労士事務所

【厚生年金】標準報酬月額上限が65万円に改定

1.標準報酬月額の上限の変更

厚生年金保険法の規定に基づき、令和2年9月から厚生年金保険の標準報酬月額の上限が変更になる予定です。厚生年金保険法における従前の標準報酬月額の上限等級(31級・62万円)の上に1等級が追加され、上限が引き上げられます。


2.改定通知書の送付

厚生年金保険の標準報酬月額の上限改定に伴い、改定後の新等級に該当する被保険者の方がいる対象の事業主に対し、令和2年9月下旬以降に日本年金機構より「標準報酬改定通知書」が送付されます。標準報酬月額の改定に際して、事業主の届出は不要です。


3.実務上の対応

9月分以降の厚生年金保険料が制度改定の対象となります。


☛ポイント

・役員・社員で月額報酬が高額な社員(63.5万円以上)はピックアップしておいてください。また、9月以降の保険料が変わっているとの問い合わせがあれば、制度が改定されたことをお知らせください。

・社会保険料の徴収方法で保険料を変えるタイミングが異なります。当月徴収であれば、9月給与時、翌月徴収であれば10月徴収時に対象者の保険料を変更します。


日本年金機構ホームページはこちら

最新記事

すべて表示

【令和3年8月~】雇用継続給付等申請の添付書類が一部不要に

厚生労働省から、次の内容が公表されています。 1.令和3年8月1日~ ①育児休業給付金、介護休業給付金、高年齢雇用継続給付金の手続の際、通帳等の写しを原則不要にします。 ※手書きで申請書を作成する場合は、引き続き必要になります。 ②高年齢雇用継続給付の手続の際、あらかじめマイナン

2021年の労働保険年度更新についてのご案内

1.労働保険年度更新の制度を簡潔に説明します 昨年度1年間に支払った(=確定した)給与総額から労働保険料を確定し、納付します。その際、昨年概算払いしている労働保険料と相殺します。また、今年度1年間に支払う予定の給与総額から労働保険料を概算し、納付します。 2.提出期間 2021年

労働保険料申告書様式が改定されています

令和3年3月30日、厚生労働省より労働保険料に関する通達が公表されました。今年度分より労働保険料申告書の様式が変更されます。主なポイントは以下となります。 ①令和2年度から高年齢免除措置が廃止されたことに伴う改定 ②事業主印の省略 なお、令和3年度労働保険の年度更新期間は令和3