• 坂の上社労士事務所

【厚生年金】標準報酬月額上限が65万円に改定

1.標準報酬月額の上限の変更

厚生年金保険法の規定に基づき、令和2年9月から厚生年金保険の標準報酬月額の上限が変更になる予定です。厚生年金保険法における従前の標準報酬月額の上限等級(31級・62万円)の上に1等級が追加され、上限が引き上げられます。


2.改定通知書の送付

厚生年金保険の標準報酬月額の上限改定に伴い、改定後の新等級に該当する被保険者の方がいる対象の事業主に対し、令和2年9月下旬以降に日本年金機構より「標準報酬改定通知書」が送付されます。標準報酬月額の改定に際して、事業主の届出は不要です。


3.実務上の対応

9月分以降の厚生年金保険料が制度改定の対象となります。


☛ポイント

・役員・社員で月額報酬が高額な社員(63.5万円以上)はピックアップしておいてください。また、9月以降の保険料が変わっているとの問い合わせがあれば、制度が改定されたことをお知らせください。

・社会保険料の徴収方法で保険料を変えるタイミングが異なります。当月徴収であれば、9月給与時、翌月徴収であれば10月徴収時に対象者の保険料を変更します。


日本年金機構ホームページはこちら

最新記事

すべて表示

賞与支払届総括表・算定基礎届総括表の廃止、賞与不支給報告書の新設について

1.令和3年4月から賞与支払届等に係る総括表が廃止となります 厚生年金保険の適用事務に係る事業主等の事務手続きの利便性向上を図る目的から、賞与支払届・算定基礎届の提出の際に添付していた総括表が廃止されることになりました。 ※令和3年4月1日以降提出分から、総括表の添付が不要となり

令和3年度の雇用保険料率が公表されています

厚生労働省より、令和3年度(令和3年4月1日~令和4年3月31日)の雇用保険料率が公表されました。令和2年度から変更はありません。 ▼労働者負担 一般の事業 3/1,000 農林水産・清酒製造の事業 4/1,000 建設の事業 4/1,000 ▼事業主負担 一般の事業 6/1,0

令和3年度の協会けんぽ保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます/健康保険・介護保険

協会けんぽ(全国健康保険協会)から、3月分(4月納付分)健康保険料率改定から改定が公表されています。給与計算など実務上注意が必要です。 令和3年度の変更のポイント 1.都道府県単位保険料率は、富山県以外は引き上げ又は引き下げ(全国平均10%は維持) 2.全国一律の介護保険料率は、