• 坂の上社労士事務所

【雇用保険】基本手当日額等の変更/2020年8月1日~

1.具体的な変更内容

1 基本手当日額の最高額の引上げ

基本手当日額の最高額は、年齢ごとに以下のようになります。

① 60 歳以上 65 歳未満 7,150 円 → 7,186 円(+36円)

② 45 歳以上 60 歳未満 8,330 円 → 8,370 円(+40円)

③ 30 歳以上 45 歳未満 7,570 円 → 7,605 円(+35円)

④ 30 歳未満 6,815 円 → 6,850 円(+35円)


1-2 基本手当日額の最低額の引上げ 2,000 円 → 2,059 円(+59円)


2 失業期間中に自己の労働による収入がある場合の基本手当の減額の算定に係る控除額の引上げ

1,306円 → 1,312円


3 高年齢雇用継続給付の算定に係る支給限度額の引上げ

363,344円 → 365,114円


リーフレットはこちら

最新記事

すべて表示

令和4年3月31日に厚生労働省から、保険局の新着の通知として、「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律による健康保険法等の改正内容の一部に関するQ&Aの送付について」が公表されました(ホームページには令和4年4月13日掲載)。 内容としては、同

令和4年4月1日より日本年金機構では、日・スウェーデン社会保障協定の発効について、事前周知を行っております。 概要としては「社会保障に関する日本国とスウェーデン王国との間の協定(日・スウェーデン社会保障協定)」について、令和4年3月28日に、効力発生のための外交上の公文の交換が行