top of page
  • 坂の上社労士事務所

社会保障協定の適用証明書の交付を受けるための各種申請書の送付先が変更されました

日本と社会保障協定を結ぶ国に派遣されている従業員が、相手国での社会保障制度への加入の免除を受けるためには、日本の制度に加入していることを証明する「適用証明書」の交付を受け、派遣先相手国に提出する必要があります。

この「適用証明書」の交付を受けるための各種申請書は、事業主が、最寄りの年金事務所や事務センターに提出することとされていましたが、令和4年10月1日からは、その提出先を、次のように変更されるとの事です。(令和4年8月23日公表)。


変更後の提出先(各種申請書の送付先)は、下記の通りです。 〒182-8530 東京都調布市調布ヶ丘1-18-1 KDX調布ビル3階 日本年金機構 社会保障協定担当 宛

<【社会保障協定】適用証明書の交付を受けるための各種申請書の送付先が変わります> https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2022/202208/0823.html

最新記事

すべて表示

協会けんぽより、新型コロナにかかる傷病手当金の申請について、その要件など、わかりやすく説明されたページが公開されています。濃厚接触者の場合の判断、医師証明不要のケース(申立が必要になる場合もあり)、注意事項も含め説明されているのでご参考下さい。 なお、令和5年1月より、傷病手当金

日本年金機構は、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の電子データを、マイナポータルの「お知らせ」で受け取れる電子送付サービスを開始したと公表しています。受け取った電子データは、e-Taxでの確定申告等や年末調整で利用することができます。 会社の年末調整ソフトウエアが年末調整の電

bottom of page