top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

令和5年度の地域別最低賃金の改定 目安に関する結論は持ち越し

厚生労働省から、令和5年7月26日に開催された「令和5年度中央最低賃金審議会目安に関する小委員会(第4回)」の資料が公表されました。


令和5年度の地域別最低賃金の引上げ額の「目安」について、大詰めの審議が行われましたが、意見がまとまらず、いったん打ち切りとなりました。

労働者側の委員は、

・30年ぶりの高水準となった賃上げの流れを波及させること

・物価高による生活費の高騰に対応すること

が重要とし、最低賃金が最も低い853円の沖縄県などで47円引き上げ、すべての都道府県で900円以上となるようにする案を提示するなど、大幅な引き上げを求めています。

これに対し、経営者側の委員は、引き上げ自体には理解を示しているものの、中小零細企業では人件費の原資となる価格転嫁は進んでいないなどとし、大幅な引き上げには慎重な姿勢を示しています。

前年度(令和4年度)は、過去最大の31円の引き上げにより全国平均961円で決着しました。岸田政権が目指す全国平均1,000円を達成するためには、39円以上の引き上げが必要となります。

また、年度から最低賃金目安額を表す都道府県数が4つから3つに見直されており、地域間格差(令和4年度は最大219円差)の是正も求められています。


結論が出るのは、7月28日以降になるということです。

最新記事

すべて表示

短時間労働者Q&A集 令和6年10月施行分を公表(厚労省)

厚生労働省から、「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の更なる適用拡大に係る事務の取扱いに関するQ&A集の送付について(令和6年1月17日事務連絡)」が公表されました。 Q&A集は、令和6年10月1日に施行される適用拡大に向けて、取りまとめられたものです。 1.被保険者資格の取得要件(総論) 2.特定適用事業所 3.任意特定適用事業所 4.1週間の所定労働時間が 20 時間以上 5.学生でな

中小企業向けPR動画「令和6年度税制改正のポイント」を公表(日商)

日本商工会議所は、令和6年度税制改正の内容を中小企業向けにコンパクトにまとめたYouTube動画「令和6年度税制改正のポイント」を作成し、これを公表しました。 この動画では、全国515商工会議所との連携の下、粘り強い要望活動によって拡充等が実現した「事業承継税制」や「賃上げ促進税制」、「交際費課税の特例」等について解説するとともに、商工会議所の要望活動やその成果等も紹介しているということです。 「

ワークエンゲージメント導入事例を更新(働き方・休み方改善ポータルサイト)

「働き方・休み方改善ポータルサイト(厚生労働省の委託事業)」では、企業の皆様が自社の社員の働き方・休み方の見直しや改善に役立つ情報を提供しています。このサイトでは、働く方々のエンゲージメントの向上に取り組む企業の取組事例を紹介していますが、それに新たな事例が追加されています。 詳しくは、こちら

bottom of page