top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

介護保険制度改革 利用者負担(2割負担)の範囲の見直しなどについて議論(社保審の介護保険部会)

厚生労働省から、「第109回 社会保障審議会介護保険部会」の資料が公表されました。

今回の主要な議事は、「給付と負担について」です。


【早急に検討、遅くとも来夏(2023年夏)までに結論】

(1)高所得者の第1号保険料の負担の在り方

(2)「一定以上所得」の判断基準

(3)多床室の室料負担


【第10期計画期間の開始までの間(つまり2026年度まで)に結論】

(4)ケアマネジメントに関する給付の在り方

(5)軽度者への生活援助サービス等に関する給付の在り方


【将来の検討課題】

(6)被保険者範囲・受給権者範囲

(7)補足給付に関する給付の在り方

(8)「現役並み所得」の判断基準



このうち(1)(2)については「本年(2023年)末までに結論を得る」こととされ、

(1)の「高所得者の第1号保険料の負担の在り方」については2024年度から

▼高所得者の保険料をより高く設定し、そこで生まれる保険料増収分を低所得者の保険料軽減に充てる

▼これまで低所得者の保険料軽減に充てていた公費の一部を「介護保険制度の充実」に振り替える—

方針が固められました。



最新記事

すべて表示

雇用保険法等の改正「雇用保険の適用拡大など」に関する資料を公表(厚労省より)

令和6年5月17日の官報に、「雇用保険法等の一部を改正する法律(令和6年法律第26号)」が公布されましたが、その改正内容を紹介するページが設けられました。 下記に今回の雇用保険の適用拡大に関する概要を載せますので、是非ご確認ください。 ●改正の趣旨 雇用労働者の中で働き方や生計維持の在り方の多様化が進展していることを踏まえ、雇用のセーフティネットを拡げる必要がある。 ●改正の概要 1.雇用保険の適

職種限定の労使合意がある労働者の配置転換(最高裁より違法との判決)

令和6年4月26日、職種を限定する労使合意があった労働者を、その合意に反して配置転換できるかが争われた訴訟の上告審判決が、最高裁第二小法廷にて行われました。 裁判長は、「合意に反した配置転換は、本人の同意がない限り違法」との初めての判断を示し、二審の高裁判決を破棄しました。 その判断の理由は、下記のとおりです。(判決文から抜粋) ●労働者と使用者との間に当該労働者の職種や業務内容を特定のものに限定

「企業の配偶者手当の在り方の検討」 リーフレットの更新を発表(厚労省より)

令和6年4月25日、企業の配偶者手当の在り方の検討のサイトを更新したとの発表がありました。(厚労省より) 働く意欲のあるすべての人がその能力を十分に発揮できる社会の形成が必要となっている中、パートタイム労働で働く配偶者の就業調整につながる配偶者手当(配偶者の収入要件がある配偶者手当)については、配偶者の働き方に中立的な制度となる事が望まれています。 ●配偶者手当とは 民間企業において、配偶者がいる

Comentários


bottom of page