• 坂の上社労士事務所

【国交省】建設業 社保未加入者の入場認めず<令和2年10月の改正建設業法施行関連>

国土交通省は、建設業の社会保険加入における元請・下請企業の取組みの指針となる「下請指導ガイドライン」の改正案をまとめています。今年10月の改正建設業法施行で、建設業の許可要件に社保加入が加わることを受けた措置。


元請は、社会保険未加入の作業員に対し、原則として現場への入場を認めない取扱いを徹底するとしています。ただし、施工に欠かせない特殊技能を保有しており、入場を認めなければ施工が困難になる場合などは例外として扱われるようです。


建設業における社会保険加入対策についての詳細はこちら


☛《ポイント》

あくまでも令和2年10月以降に建設業許可の申請または更新をする際に適用されるものです。既に許可を持つ建設業者(社会保険加入義務有)が、社会保険に未加入のまま10月を迎えたとしても、建設業の許可が取り消されることはありません。

最新記事

すべて表示

令和4年3月31日に厚生労働省から、保険局の新着の通知として、「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律による健康保険法等の改正内容の一部に関するQ&Aの送付について」が公表されました(ホームページには令和4年4月13日掲載)。 内容としては、同

令和4年4月1日より日本年金機構では、日・スウェーデン社会保障協定の発効について、事前周知を行っております。 概要としては「社会保障に関する日本国とスウェーデン王国との間の協定(日・スウェーデン社会保障協定)」について、令和4年3月28日に、効力発生のための外交上の公文の交換が行