• 坂の上社労士事務所

育児・介護休業等に関する規則の規定例が公表されています(令和3年1月1日改正:厚労省)

令和3年1月1日の改正により、「子の看護休暇」「介護休暇」が時間単位で取得できるようになります。


1.「子の看護休暇」改正内容

育児を行う労働者が子の看護休暇を柔軟に取得することができるよう、育児・介護休業法施行規則等が改正され、令和3年1月1日より、時間単位で取得できるようになります。

☛改正のポイント

改正前

・半日単位での取得が可能

・1日の所定労働時間が4時間以下の労働者は取得できない

改正後

・時間単位での取得が可能

・全ての労働者が取得できる


2.「子の看護休暇」規定例

第 ● 条(子の看護休暇)

1.小学校就学の始期に達するまでの子を養育する従業員(日雇従業員を除く)は、負傷し、又は疾病にかかった当該子の世話をするために、又は当該子に予防接種や健康診断を受けさせるために、 就業規則第◯条に規定する年次有給休暇とは別に、当該子が1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は1年間につき10日を限度として、子の看護休暇を取得することができる。この場合の1年間とは、4月1日から翌年3月31日までの期間とする。

2.子の看護休暇は、時間単位で始業時刻から連続又は終業時刻まで連続して取得することができる

3.取得しようとする者は、原則として、子の看護休暇申出書を事前に人事部労務課に申し出るものとする。

4.本制度の適用を受ける間の給与については、別途定める給与規定に基づく労務提供のなかった時間分に相当する額を控除した額を支給する。

5.賞与については、その算定対象期間に本制度の適用を受ける期間がある場合においては、労務提供のなかった時間に対応する賞与は支給しない。

6.定期昇給及び退職金の算定に当たっては、本制度の適用を受ける期間を通常の勤務をしているものとみなす。


3.「介護休暇」の改正内容

介護を行う労働者が介護休暇を柔軟に取得することができるよう、育児・介護休業法施行規則等 が改正され、令和3年1月1日より、時間単位で取得できるようになります

☛改正のポイント

改正前

・半日単位での取得が可能

・1日の所定労働時間が4時間以下の労働者は取得できない

改正後

・時間単位での取得が可能

・全ての労働者が取得できる


4.「介護休暇」の規定例

第 ● 条 (介護休暇)

1.要介護状態にある家族の介護その他の世話をする従業員(日雇従業員を除く)は、就業規則第◯条に規定する年次有給休暇とは別に、当該家族が1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は1年間につき10日を限度として、介護休暇を取得することができる。この場合の1年間とは、4月1日から翌年3月31日までの期間とする。

2.介護休暇は、時間単位で始業時刻から連続又は終業時刻まで連続して取得することができる

3.取得しようとする者は、原則として、介護休暇申出書を事前に人事部労務課に申し出るものとする。

4.本制度の適用を受ける間の給与については、別途定める給与規定に基づく労務提供のなかった時間分に相当する額を控除した額を支給する。

5.賞与については、その算定対象期間に本制度の適用を受ける期間がある場合においては、労務提供のなかった時間に対応する賞与は支給しない。

6.定期昇給及び退職金の算定に当たっては、本制度の適用を受ける期間を通常の勤務をしているものとみなす。


詳しくは、こちら

<育児・介護休業等に関する規則の規定例(※簡易版も含みます)>


<育児休業や介護休業をすることができる有期契約労働者について>

最新記事

すべて表示

盲点となる賞与規定への対応【キャリアアップ助成金/正社員転換コース】

1.5%が3%に 令和3年4月1日より、キャリアアップ助成金が一部改正されます。最も大きな改正としては、今まで基本給の5%上昇が条件となっていたところ、4月1日以降に正社員へ転換する場合は、3%上昇で条件を満たすようになったことです。2%の減少といえど、中小企業にとっては朗報で、

令和3年4月1日より現物給与価額(食事・住宅)が改正されます

社会保険の被保険者が、会社から労働の対償として現物で支給される場合、その現物を通貨に換算し報酬に合算のうえ、保険料額算定の基礎となる標準報酬月額を求めることになります。現物支給が食事や住宅である場合は、「厚生労働大臣が定める現物給与の価額」に基づいて通貨に換算します。今回、この現

賞与支払届総括表・算定基礎届総括表の廃止、賞与不支給報告書の新設について

1.令和3年4月から賞与支払届等に係る総括表が廃止となります 厚生年金保険の適用事務に係る事業主等の事務手続きの利便性向上を図る目的から、賞与支払届・算定基礎届の提出の際に添付していた総括表が廃止されることになりました。 ※令和3年4月1日以降提出分から、総括表の添付が不要となり