• 坂の上社労士事務所

36協定届等の押印が廃止されます

労働基準法施行規則等の一部を改正する省令が、令和3年4月1日から施行されます。これにより、36協定届の法人代表者印及び労働者代表印、就業規則の意見書の労働者代表印については、省略できるようになりました。届出書式等についても、既に新しい様式に改定されています。


☛厚労省Q&A

Q1.改正前の労基則等に定める36協定届様式(以下「旧様式」といいます。)と改正後の労基則等に定める36協定届様式(以下「新様式」といいます。)のどちらを用いて届出等を行うべきでしょうか。

A1.原則、以下となります。

届出日が令和3年3月31日以前・・・旧様式

届出日が令和3年4月1日以降・・・新様式

※36協定の有効期間ではなく、「届出日」が基準となることに注意が必要です。


Q2.いつから使用者や労働者の押印又は署名がなくとも36協定届出等が可能となりますか。

A2.施行日以降(=令和3年4月1日以降)に届出等を行う場合は、使用者や労働者の押印又は署名をする必要はなく、記名のみで届出等が可能となります。なお、令和3年3月31日以前であっても、使用者や労働者の押印又は署名がなくとも提出することができます。


Q3.就業規則の意見書や寄宿舎規則にかかる同意書における労働者の押印又は署名も不要になりますか。

A3.施行日以降(=令和3年4月1日以降)に届出等を行う場合は、就業規則の意見書や寄宿舎規則にかかる同意書における労働者の押印又は署名も不要となります。なお、令和3年3月31日以前であっても、使用者や労働者の押印又は署名がなくとも提出することができます。


Q4.協定書や決議書における労使双方の押印又は署名は今後も必要ですか。

A4.協定書や決議書における労使双方の押印又は署名の取扱いについては、労使慣行や労使合意により行われるものであり、今般の「行政手続」における押印原則の見直しは、こうした労使間の手続に直接影響を及ぼすものではありません。引き続き、記名押印又は署名など労使双方の合意がなされたことが明らかとなるような方法で締結していただくようお願いします。


詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

厚生労働省は、「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」を公表していますが、これが、令和4年8月8日・10日付けで更新されました。 更新されたのは、次の3つのQ&Aです(Qのみを紹介)。 ●1-問2 新型コロナウイルス感染症に感染した労働者が職場復帰する際にどのような点に留意すればよいでしょうか? ●5―問1 新型コロナウイルス感染症の対策のため、イベントの中止や学校の休業、事業活動の閉

厚生労働省は、令和3年度に長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署が実施した監督指導の結果を取りまとめ、監督指導事例とともに公表しましました(令和4年7月29日公表)。この監督指導は、各種情報から、時間外・休日労働時間数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や長時間にわたる過重な労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象として実施されたものです。令和3年度の監督指

日本年金機構より、「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大Q&A集(令和4年10月施行分)」が公表されています。その中で、注意したいQ&Aを抜粋します。 問5 4分の3要件を満たさない短時間労働者として被保険者資格を取得したが、雇用契約の変更等で正社員等の一般被保険