• 坂の上社労士事務所

令和3年2月1日から20円コース(新設)及び新たな30円コースの受付が開始されています/業務改善助成金

当記事でも何度かご紹介しましたが、新たなコースが新設された業務改善助成金の受付が開始されました。もともと申請件数も少なく、認知度のない助成金ですので、より小規模事業などでも活用できるようにと、今までよりも事業所内最低賃金の上げ幅が縮小されています(今まで25円UP、今回20円UP)。

「事業所内最低賃金の上昇+生産性向上に資する設備・機器の導入」が受給条件となりますので、申請できる企業様は限られてくるとは思いますが、対象労働者が雇用保険被保険者である必要は無いなど(つまり、少ない出勤日数のアルバイトやパートの時間単価の引き上げでも良い)、申請しやすい面もあります。令和3年度の予算成立までの業務改善助成金となります。ご検討下さいませ。


詳しくはこちら


過去関連記事はこちら


業務改善助成金のご案内【25円・60円・90円コースの申請期限は令和3年1月29日まで】厚生労働省


【助成上限額450万円】業務改善助成金:中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援

最新記事

すべて表示

令和4年4月22日に独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページで、障害者雇用納付金制度に基づく助成金に関するFAQが更新されました。 雇用納付金制度に基づく助成金は、障害者雇用促進法に基づき設けられた障害者雇用納付金制度として、障害者の雇入れや雇用の継続を行うために

厚生労働省から、小学校休業等対応助成金の対象となる休暇取得の期間を令和4年6月30日まで延長したことに伴って、新たに対象となった期間に係る申請様式等を掲載したとのお知らせが公表されました。 これに伴い、小学校休業等対応助成金(リーフレット)も、令和4年3月31日版に更新されていま

令和4年4月1日付けで厚生労働省から、雇用関係助成金全体のパンフレットとして、「令和4年度 雇用・労働分野の助成金のご案内(簡略版)」が公表されました。 令和4年度予算に基づく最新の雇用・労働分野の助成金が紹介されております。 各種の助成金について概要を知ることが出来る資料となっ