• 坂の上社労士事務所

緊急事態宣言の延長で雇用調整助成金のスケジュールはどうなるか

政府は2月2日、緊急事態宣言を3月7日まで延長することを決定しました。対象は、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、岐阜県、大阪府、京都府、兵庫県、福岡県の10都府県となります(栃木県は2月7日で解除)。先日も雇用調整助成金の特例について、どのようなスケジュールが想定されるかを記載しましたが、今回の延長宣言を受けて、あらためてスケジュールの確認をしておきたいところです。


1.雇用調整助成金の特例措置等の延長

2021年4月末まで


2.特に業況が厳しい大企業への雇用調整助成金等の助成率引上げ

2021年4月末まで


3.緊急事態宣言が全国で解除された月の翌々月から2か月間の措置(現行特例措置より受給額等がダウンするものの、原則の雇用調整助成金よりは受給額等を高くする措置)

2021年5月1日~2021年6月30日まで


過去関連記事

雇用調整助成金等の特例措置、緊急事態宣言解除日の翌月末まで延長予定/厚生労働省


短時間休業で雇用・企業を守りましょう/雇用調整助成金特例措置

最新記事

すべて表示

東京労働局より、「育児休業360度徹底解説!」(東京都・東京労働局コラボ企画)配信スタート!」が公表されています。 パパ・ママ、企業の皆様に向けて、令和4年10月にスタートした「産後パパ育休」など育児休業制度(法律)のこと、お金のこと、保育園のことなど、まとめてとことん解説します