• 坂の上社労士事務所

雇用保険料率、子ども・子育て拠出金率率が改定されました【2020年4月1日~】

雇用保険料率

「雇⽤保険法等の⼀部を改正する法律案」が令和2年3⽉31日に国会 で成⽴しました。令和2年4⽉1⽇から令和3年3⽉31日までの雇用 保険料率は以下のとおりとなります(令和元年度から変更ありません)。

一般の事業 3/1000(事業主負担6/1000

厚生労働省案内はこちら


子ども・子育て拠出金率

2020年(令和2年)4月1日から子ども・子育て拠出金率が改定されました。

現行の「3.4/1000」から「3.6/1000」 に改定されます。

※子ども・子育て拠出金は事業主の負担のみとなります。従業員の負担はありません。


新型コロナウイルスで大変なご苦労をされている企業様のご相談も承ります。雇用調整助成金、テレワーク関係助成金、在宅勤務規程等、お気軽に当事務所にお問い合わせくださいませ。

最新記事

すべて表示

令和4年3月31日に厚生労働省から、保険局の新着の通知として、「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律による健康保険法等の改正内容の一部に関するQ&Aの送付について」が公表されました(ホームページには令和4年4月13日掲載)。 内容としては、同

令和4年4月1日より日本年金機構では、日・スウェーデン社会保障協定の発効について、事前周知を行っております。 概要としては「社会保障に関する日本国とスウェーデン王国との間の協定(日・スウェーデン社会保障協定)」について、令和4年3月28日に、効力発生のための外交上の公文の交換が行