• 坂の上社労士事務所

厚労省が新規学卒就職者の離職状況を公表(新規学卒就職者の就職率は例年に比べ低下)

厚生労働省が10月22日に公表した2021年度の新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況によると、離職率は高卒で約4割、大卒で約3割となり、ともに前年に比べ低下しております。産業別では「宿泊業・飲食サービス業」が多く、高卒は約6割、大卒も約5割が3年以内に離職しております。


学歴別では中卒が前年比4.8ポイント低下の55、01%、高卒は同21.6ポイント低下の36.9%、短大卒が同1.6ポイント低下の41.4%、大卒が同1.6ポイント低下の31.2%となっております。事業所規模別では従業員5人未満の中小企業の離職率が最も高く、高卒は前年比1,1ポイント低下の61.9%、大卒は同0.2ポイント増加の56.3%となっております。


離職率の高い産業は高卒、大卒とも「宿泊業・飲食サービス業」がトップで、高卒は61.1%、大卒は51.1%。次は「生活関連サービス・娯楽業」で高卒56.9%、大卒46.5%、3番目は「教育・学習支援業」で高卒50.1%。大卒45.6%の順となっております。



くわしくはこちら



最新記事

すべて表示

毎月勤労統計調査 現金給与総額は6カ月連続増加

10月22日に個人番号保護委員会から、個人番号(マイナンバー)の範囲について、問い合わせを受けることが多いということで周知が行われております。 周知内容は次のとおりです。 ●番号法第2条第8項において、個人番号(マイナンバー)とは、第5項に定義される番号そのものだけでなく「個人番

在宅勤務の実施率は7割うち74.2%がコロナ禍の緊急措置で実施 産労総合研究所

10月22日に個人番号保護委員会から、個人番号(マイナンバー)の範囲について、問い合わせを受けることが多いということで周知が行われております。 周知内容は次のとおりです。 ●番号法第2条第8項において、個人番号(マイナンバー)とは、第5項に定義される番号そのものだけでなく「個人番