• 坂の上社労士事務所

年末調整における住宅ローン控除についての新型コロナウイルス感染症への特別対策措置について

財務省より2021年度の住宅ローン控除について以下の対策が施行されております。


消費税率の引き上げによる反動を減少させる対策

新型コロナウイルス感染症への特別対策措置


これにより、控除期間が10年から13年へと特例で延長されました。また、新型コロナウイルス感染対策の一環として、入居時期についての条件も緩和されております。従来は2021年末までの入居が条件でしたが、2022年末までの入居に延長されております。そのほか期間延長を受ける条件としては以下のとおりとなっております。


総所得金額が1,000万円以下であること

面積が40㎡であること(改正前は50㎡)


くわしくはこちら


最新記事

すべて表示

雇用調整助成金の特例措置は段階的に縮小【令和4年1月以降】

11月19日に厚生労働省より政府方針として新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置について、令和4年1月~3月の具体的な助成内容の予定が公表されました。 現在は特例措置として一人あたり1万3,500

2021年 年末調整のポイント/押印不要、事前申請の廃止

令和3年度の税制改正による、今年の年末調整の変更点は大きく2つございます。 ①年末調整書類への押印が不要 税務署長等に提出する源泉所得税関連書類について政府が掲げている行政のデジタル化推進によって、今年から押印が不要となりました。国税庁HPでダウンロードできる関連書類からは、すで

令和3年の社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の発行について【日本年金機構が告知】

10月22日に個人番号保護委員会から、個人番号(マイナンバー)の範囲について、問い合わせを受けることが多いということで周知が行われております。 周知内容は次のとおりです。 ●番号法第2条第8項において、個人番号(マイナンバー)とは、第5項に定義される番号そのものだけでなく「個人番