• 坂の上社労士事務所

雇用調整助成金改正まとめ《5月19日付け最新版》

◆全ての事業所に共通した変更点

・計画届が不要となります。


◆小規模事業用 雇用調整助成金(アルバイト含めた従業員29人以下の事業所を対象)

①支給申請書

②実績一覧表

③助成率確認表

④支給要件確認申立書

⑤タイムカード写し(休業実績のわかるもの)

⑥賃金台帳(休業手当支払いが確認できるもの)

⑦売上簿、損益計算書など2カ月分(売上ダウンが比較できる資料) ※2回目以降不要

⑧役員名簿

⑨キャッシュカードや通帳の写し ※推奨書類(必須ではありません)


☛ポイント1

緊急雇用安定助成金(雇用保険被保険者以外)の必要書類も上記とほぼ同じです。


☛ポイント2

5月19日以前の助成額計算(前年度の平均賃金)の方が助成金額が多い場合、従前の書類で提出しても問題ありません。


◆小規模事業以外の事業所は5月19日以前の運用とほぼ変わりありません(計画届の提出が不要になっただけです)。


◆オンライン申請も可能となりました。ただし、必要書類については従来と変わりありません。PDFデータ化し、添付申請します。こちらはただいまシステム調整中とのことです。


厚生労働省ホームページはこちら

最新記事

すべて表示

令和4年4月22日に独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページで、障害者雇用納付金制度に基づく助成金に関するFAQが更新されました。 雇用納付金制度に基づく助成金は、障害者雇用促進法に基づき設けられた障害者雇用納付金制度として、障害者の雇入れや雇用の継続を行うために

厚生労働省から、小学校休業等対応助成金の対象となる休暇取得の期間を令和4年6月30日まで延長したことに伴って、新たに対象となった期間に係る申請様式等を掲載したとのお知らせが公表されました。 これに伴い、小学校休業等対応助成金(リーフレット)も、令和4年3月31日版に更新されていま

令和4年4月1日付けで厚生労働省から、雇用関係助成金全体のパンフレットとして、「令和4年度 雇用・労働分野の助成金のご案内(簡略版)」が公表されました。 令和4年度予算に基づく最新の雇用・労働分野の助成金が紹介されております。 各種の助成金について概要を知ることが出来る資料となっ