• 坂の上社労士事務所

【法人最大250万円・個人最大50万円】事業復活支援金事務局ホームページが公開されています

事業復活支援金の事務局ホームページが公開されましたので、ご案内致します。事業復活支援金は、諸々の条件を満たすことで、法人には上限最大250万円、個人事業主には上限最大50万円が給付される支援金です。


1.対象者

新型コロナの影響で、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が、2018年11月~2021年3月までの間の任意の同じ月の売上高と比較して50%以上又は30%以上50%未満減少した事業者(中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主)


2.受給額上限


3.給付額計算式

給付額 =基準期間(※①)の売上-{対象月(※②)の売上×5}

※①…「2018年11月~2019年3月」「2019年11月~2020年3月」「2020年11月~2021年3月」のいずれかの期間

※②…2021年11月~2022年3月のいずれかの月

【事例】年商4千万円(2018年11月を含む会計期間の年間売上)の企業。2018年11月売上が400万円、2018年11月~2019年3月の売上累計1400万円で、2021年11月売上が200万円だった場合

1400万円-(200万円×5)=400万円

上限が100万円となるので、給付額は100万円となります。


4.申請方法

登録確認機関(商工会等)による事前確認の後、申請用のウェブページから申請できます。


5.必要書類

確定申告書、通帳(振込先が確認できるページ)、履歴事項全部証明書(法人)、本人確認書類(個人)、宣誓・同意書対象月の売上台帳等ほか


6.開始時期

1月24日の週⇒制度詳細を公表予定、事前確認の受付開始予定

1月31日の週⇒通常申請の受付開始予定


事務局ホームページはこちら


制度概要資料はこちら

最新記事

すべて表示

令和4年4月22日に独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページで、障害者雇用納付金制度に基づく助成金に関するFAQが更新されました。 雇用納付金制度に基づく助成金は、障害者雇用促進法に基づき設けられた障害者雇用納付金制度として、障害者の雇入れや雇用の継続を行うために

厚生労働省から、新型コロナの影響により事業所が休業し、労働時間が減少したことにより離職された方の取り扱いについて、お知らせが公表されております。 具体的には、新型コロナの影響で事業所が休業し、おおむね1か月以上の期間、労働時間が週20時間を下回った、または下回ることが明らかになっ

令和3年8月から令和4年3月までの間に新型コロナウイルス感染症の影響による休業により報酬が著しく下がった方について、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定を可能とする措置が講じられておりま