• 坂の上社労士事務所

【法人最大250万円・個人最大50万円】事業復活支援金事務局ホームページが公開されています

事業復活支援金の事務局ホームページが公開されましたので、ご案内致します。事業復活支援金は、諸々の条件を満たすことで、法人には上限最大250万円、個人事業主には上限最大50万円が給付される支援金です。


1.対象者

新型コロナの影響で、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が、2018年11月~2021年3月までの間の任意の同じ月の売上高と比較して50%以上又は30%以上50%未満減少した事業者(中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主)


2.受給額上限


3.給付額計算式

給付額 =基準期間(※①)の売上-{対象月(※②)の売上×5}

※①…「2018年11月~2019年3月」「2019年11月~2020年3月」「2020年11月~2021年3月」のいずれかの期間

※②…2021年11月~2022年3月のいずれかの月

【事例】年商4千万円(2018年11月を含む会計期間の年間売上)の企業。2018年11月売上が400万円、2018年11月~2019年3月の売上累計1400万円で、2021年11月売上が200万円だった場合

1400万円-(200万円×5)=400万円

上限が100万円となるので、給付額は100万円となります。


4.申請方法

登録確認機関(商工会等)による事前確認の後、申請用のウェブページから申請できます。


5.必要書類

確定申告書、通帳(振込先が確認できるページ)、履歴事項全部証明書(法人)、本人確認書類(個人)、宣誓・同意書対象月の売上台帳等ほか


6.開始時期

1月24日の週⇒制度詳細を公表予定、事前確認の受付開始予定

1月31日の週⇒通常申請の受付開始予定


事務局ホームページはこちら


制度概要資料はこちら

最新記事

すべて表示

厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部より、新型コロナウイルス感染症の患者に対する療養解除基準について、その療養期間等を見直すことが公表されています。 この見直しは、令和4年9月7日以降、適用されることになります。 新たな療養解除基準の概要 ▼症状のある方 発症日から7日

厚生労働省より、人材開発支援助成金について、制度見直しのパンフレットが公表されております。具体的な制度変更の内容としては、訓練施設の要件変更、提出書類の省略、定額制訓練の要件変更、OJT訓練指導者の要件変更、教育訓練短時間勤務等制度の要件変更、OJTの実施要件の変更となります。