top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

監督指導による賃金不払残業の是正結果(令和3年度)が公表されています

厚生労働省は、労働基準監督署が監督指導を行った結果、令和3年度(令和3年4月から令和4年3月まで)に、不払となっていた割増賃金が支払われたもののうち、支払額が1企業で合計100万円以上である事案を取りまとめ、公表しています。


監督指導による賃金不払残業の是正結果(令和3年度)のポイント

1.是正企業数1,069企業(前年度比7企業の増)うち、1,000万円以上の割増賃金を支払ったのは、115企業(同3企業の増)

2.対象労働者数6万4,968人(同427人の減)

3.支払われた割増賃金合計額 65億781万円(同4億7,833万円の減)

4.支払われた割増賃金の平均額は、1企業当たり609万円、労働者1人当たり10万円




最新記事

すべて表示

2024年4月~労働条件明示のルールが変更されます

2024年4月1日より、労働条件明示のルールが変更となります。厚生労働省より、専用のホームページが開設されておりますので、是非ご参考下さいませ。変更内容は、以下となります。 【全ての労働者に対する明示事項】 1.就業場所・業務の変更の範囲の明示 全ての労働契約の締結と有期労働契

「中小企業向け賃上げ促進税制」を周知するためのリーフレットが公表されています(日本商工会議所)

日本商工会議所は、「中小企業向け賃上げ促進税制」に関するリーフレットを公表しています。 中小企業向け「賃上げ促進税制」は、青色申告書を提出している中小企業者等が、一定の要件を満たした上で、前年度より給与等の支給額を増加させた場合、その増加額の一部を法人税(個人事業主は所得税)から

Comments


bottom of page