• 坂の上社労士事務所

各自治体独自の上乗せ助成金もチェックしましょう/東京都・埼玉県

1.自治体独自の上乗せ助成金

新型コロナウイルスに関連した助成金は広く周知されていますが、実は自治体独自の上乗せ助成金も多く用意されています。受給額は少額ですが、比較的簡易に申請できるものもございますので、是非ご検討下さいませ。


【東京都】「雇用調整助成金」または「小学校休業等対応助成金」を受給した企業に10万円上乗せ

詳細はこちら

※若干要件が緩和されております。


【東京都】国の家賃支援に最大37.5万円上乗せ

詳細はこちら


【埼玉県】国の家賃支援に上限20万円上乗せ

詳細はこちら


☛ポイント

・都道府県単位だけでなく、市区町村単位でも独自の助成金・補助金制度があります。「助成金(補助金)+上乗せ(追加)+事業所所在地の属する自治体名」などで検索をかけて、調べてみましょう。

・さいたま市では、小規模な事業者が雇用調整助成金の申請を行う際に、申請事務を社会保険労務士に依頼した場合の費用について、5万円を限度に補助金を交付する制度を設けています(さいたま市雇用調整助成金申請費用補助金)。この機会に当事務所を是非ご活用下さいませ。

最新記事

すべて表示

「両立支援等助成金」は、職業生活と家庭生活が両立できる“職場環境づくり”を行う事業主を支援する制度です。 改正育児・介護休業法の施行に伴い、令和4年度から、出生時両立支援コース(子育てパパ支援助成金)及び育児休業等支援コースについて、制度内容の変更が行われています。 また、育児休

厚生労働省より「令和4年度 雇用・労働分野の助成金のご案内(詳細版)」が公表されております。 このパンフレットは343ページに及ぶボリュームで令和4年度予算に基づく最新の雇用・労働分野の助成金について詳細が紹介されております。 令和4年度 雇用・労働分野の助成金のご案内(詳細版)