• 坂の上社労士事務所

【厚生労働省】働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)の2次募集について

働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)については、令和2年3月9日から5月29日まで第1次交付申請を受け付けていましたが、引き続き中小企業に対し、テレワークの導入を支援する必要があることから、本助成金の2次募集が行われることになりました。

なお、交付申請期限は令和2年9月18日(金)までです。


詳細はこちら


☛《ご参考》

1.対象経費

謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本 費、備品費、機械装置等購入費、委託費

⇒VPN装置、web会議用機器、社内のパソコンを遠隔操作するための機器、ソフトウェア・保守サポートの導入・クラウドサービスの導入・サテライトオフィス等の利用料、パソコン・タブレット及びスマートフォン・ルーター等のレンタル・リース費用、就業規則・労使協定等の作成・変更費用、労務管理担当者に対する研修費用、労働者に対する研修・周知・啓発費用、外部専門家(社会保険労務士など) によるコンサルティング費用など


2.助成額

対象経費の合計額 × 1/2 (100万円が上限)


※パソコン、タブレット、スマートフォンにつ いては、レンタル・リース費用が助成対象となります(購入費用は助成対象にはなりません)。

最新記事

すべて表示

職場内で濃厚接触者と推定される従業員の勤務をどう判断するか

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。コロナ感染者については都道府県知事による就業制限が課されますが、濃厚接触者の場合はどのような判断をすれば良いか迷うケースが多々あります。今回は、濃厚接触者の就業制限について、当事務所の考え方を解説します。 1.就業制限・自宅待機期間の原

最低賃金を引き上げた中小企業における雇用調整助成金等の要件緩和について

1.雇用調整助成金の休業規模要件 ①原則の雇用調整助成金 中小企業⇒1/20 大企業⇒1/15 ※事例:中小企業、従業員5人、一人当たり所定労働日数20日 5人×20日=100日 100日×1/20=5日 つまり、5日以上の休業がされていなければ、雇用調整助成金を受給することはで