• 坂の上社労士事務所

雇用調整助成金の特例措置等が延長されます/令和3年2月末まで延長

12月末に期限を迎える雇用調整助成金の特例措置、緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(以下「雇用調整助成金の特例措置等」という。)については、令和3年2月末まで延長されることが決定しました。

※感染防止策と社会経済活動の両立が図られる中で、休業者数・失業者数が急増するなど雇用情勢が大きく悪化しない限り、雇用調整助成金の特例措置等は、段階的に縮減される予定です。


厚生労働省の発表はこちら


☛《ご参考》雇用調整助成金の対象となる短時間休業ついて

➊短時間休業の単位

30分の休業は雇用調整助成金の対象となりません。短時間休業を実施する際は、必ず1時間以上の休業をお願い致します。

事例】11/5、11/13、11/27に下記それぞれの短時間休業を実施した場合のカウントと集計方法

11/5→1時間休業→1時間休業としてカウントします

11/13→30分休業→カウントできません

11/27→1時間40分休業→1時間30分休業としてカウントします(30分に満たない分は切り捨てます)

以上により、雇用雇用調整助成金の対象となる短時間休業の合計は2時間30分となります。

❷短時間休業の通算

所定労働時間が朝9時~18時(休憩1時間)で、朝9時~11時までの2時間休業し、11時~17時まで5時間勤務し、17時~18時まで1時間休業した場合、朝の2時間と夕方の2時間を通算できますので、雇用調整助成金の対象として申請できる短時間休業は3時間となります。

最新記事

すべて表示

盲点となる賞与規定への対応【キャリアアップ助成金/正社員転換コース】

1.5%が3%に 令和3年4月1日より、キャリアアップ助成金が一部改正されます。最も大きな改正としては、今まで基本給の5%上昇が条件となっていたところ、4月1日以降に正社員へ転換する場合は、3%上昇で条件を満たすようになったことです。2%の減少といえど、中小企業にとっては朗報で、

【令和3年度最重要改正】キャリアアップ助成金が令和3年4月から変わります

先般、記事にも記載しておりましたが、キャリアアップ助成金が令和3年4月1日より変更されます。今回の変更は、各企業様に大きな影響を及ぼしますので、要点を抑えた運用が必要となります。以下、最も利用の多いコースに絞って説明します。 1.正社員化コース(賃金上昇要件の変更) 【現行】 正