令和2年12月25日より年金手続きの押印が原則廃止されました

1.令和2年12月25日より、年金手続き申請・届出様式の押印が原則廃止されました。既に年金機構のホームページに掲載されている様式は、押印欄が削除されています(詳しくは、こちら)。 ※画像は「健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届」

なお、令和2年12月25日以降も、押印欄のある旧様式は使用いただけます。また、旧様式により提出される場合も、押印は必要ありません。


2.上記1に関わらず、金融機関へのお届け印・実印による手続きが必要なものについては、引き続き押印が必要となります。

☛引き続き押印が必要な届書

・国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書・国民年金保険料口座振替辞退申出書

・委任状(年金分割の合意書請求用)

・公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

・健康保険・厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書

・船員保険・厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書

・健康保険・船員保険・厚生年金保険 保険料口座振替納付(変更)申出書(ゆうちょ銀行用)

・健康保険・厚生年金保険 保険料預金口座振替辞退(取消)通知書

・船員保険・厚生年金保険 保険料預金口座振替辞退(取消)通知書

・健康保険・船員保険・厚生年金保険 保険料預金口座振替辞退(取消)通知書(ゆうちょ銀行用)

最新記事

すべて表示

1月1日 ①改正電子帳簿保存法 事前承認制度の廃止、スキャナ保存後の原本廃棄可能といった要件緩和、電子取引データを書面のみで保存不可、不正に対する措置の厳格化など ※2年の猶予期間あり ②改正雇用保険法 65歳以上の副業者への雇用保険適用 ③健康保険法 傷病手当金、受給開始日から