• 坂の上社労士事務所

【東京都】テレワーク導入に最大250万円/テレワーク定着促進助成金

東京都及び東京しごと財団は、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、都内中小企業のテレワーク導入経費を助成する「テレワーク定着促進助成金」の申請受付を2月26日まで延長しています。全国の都道府県で実施しているテレワーク関係の助成金の中でも、東京都は群を抜いて助成額が高いので、東京都内でテレワーク導入を検討されている企業様にはお勧めします。申請する場合は、「テレワーク東京ルール実践企業宣言」への登録が必要となるので注意が必要です。


助成金概要

▶︎助成率 対象経費の3分の2

▶︎助成限度額 250万円

▶︎助成対象企業 常時雇用する労働者が2~999人で、都内に本社または事業所を置く事業者

▶︎助成対象経費 パソコン、タブレット、スマートフォン、周辺機器などの購入費(税込単価 1000 円以上10万円未満に限る)、財務会計・販売管理ソフト(同10万円以上)などの購入費、VPN環境構築の初期設定費・保守管理費など。


詳しくはこちら





最新記事

すべて表示

職場内で濃厚接触者と推定される従業員の勤務をどう判断するか

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。コロナ感染者については都道府県知事による就業制限が課されますが、濃厚接触者の場合はどのような判断をすれば良いか迷うケースが多々あります。今回は、濃厚接触者の就業制限について、当事務所の考え方を解説します。 1.就業制限・自宅待機期間の原

最低賃金を引き上げた中小企業における雇用調整助成金等の要件緩和について

1.雇用調整助成金の休業規模要件 ①原則の雇用調整助成金 中小企業⇒1/20 大企業⇒1/15 ※事例:中小企業、従業員5人、一人当たり所定労働日数20日 5人×20日=100日 100日×1/20=5日 つまり、5日以上の休業がされていなければ、雇用調整助成金を受給することはで