• 坂の上社労士事務所

2021年の高年齢者雇用状況報告書及び障害者雇用状況報告書の提出について

高年齢者・障害者雇用状況報告書の提出について、解説します。


1.制度概要

「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第52条第1項」、「障害者の雇用の促進等に関する法律第43条第7項」において、事業主は、毎年6月1日現在の高年齢者および障害者の雇用状況を、管轄のハローワーク(一部地域では労働局)を経由して厚生労働大臣に報告することが法律で義務付けられています。報告期限は、7月15日までとなります。


2.高年齢者雇用状況報告書の届出義務要件

法律上⇒2021年6月1日の時点で常用労働者(雇用保険の被保険者)が1名でもいれば、届出義務が発生します。

実務上⇒2021年は、2021年6月1日の時点で常用労働者(雇用保険の被保険者)が21名以上いる企業が届け出義務の対象となります。

法律上と実務上に分かれるのは、労働局が報告書の発送をする事務量を考慮してのことです。つまり、労働者1名の企業にまで報告書を送付するのは実務上困難であるとのことで、送付対象の企業に一定の人数要件を設けています。ちなみに、昨年は31名以上の企業に送付されていました。

ただし、報告書が送付されるのは、2021年3月の情報に基づいて送付される為、2021年6月1日の時点で21名未満であれば提出義務はありません。その場合は、管轄のハローワークに連絡し、その旨を伝えましょう。


3.障害者雇用状況報告書の届出義務要件

法律上⇒2021年6月1日の時点で常用労働者(雇用保険の被保険者)が43.5名いれば、届出義務が発生します。

実務上⇒法律上と同じです。


高年齢者・障害者雇用状況報告書の記載要領はこちら


坂の上社労士事務へのお問い合わせ・ご依頼はこちらから

最新記事

すべて表示

「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」では、高年齢者が年齢に関わりなく働き続けることができる「生涯現役社会の実現」を目指して、企業に「定年制の廃止」や「定年の引上げ」、「継続雇用制度の導入」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を、65歳まで講じるよう義務付けています。 さら

令和4年5月20日に厚生労働省から「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第52条第1項」、「障害者の雇用の促進等に関する法律第43条第7項」に基づく報告についてお知らせがありました。 法律により事業主は、毎年6月1日現在の高年齢者および障害者の雇用状況等を、管轄の公共職業安定所(

エイジフレンドリー補助金は、高齢者が安心して安全に働くことができるよう、中小企業事業者による職場環境の改善等の安全衛生対策の実施に対し補助を行うもので、令和2年度に創設されました。 特に、社会福祉施設、医療保健業、旅館業や飲食店等の接客サービス業等では、高齢者が就労する際に利用者