top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

雇用調整助成金【特例措置の延長9月末まで】【対象期間は2021年12月31日まで延長】

厚生労働省より、本日付で以下の内容が正式に公表されました。


1.対象期間の延長

雇用調整助成金は、通常、1年の期間内(対象期間)に実施した休業等について受給することができますが、新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置の延長に伴い、1年を超えて(本年の12月31日まで)、引き続き受給することができるようになりました。



2.特例措置の延長

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年7月31日までを期限に雇用調整助成金の特例措置が講じられてきたところですが、この特例措置が令和3年9月30日まで延長されることになりました。また、5月1日以降については、中小企業においても業況特例(3カ月平均の売上が30%以上減少で、特例措置対象)が適用されますので(これまでは大企業のみでした)、この点もご注意ください。



最新記事

すべて表示

令和6年分所得税の定額減税Q&Aを更新(国税庁より)

国税庁より、令和6年4月11日には、「令和6年分所得税の定額減税Q&A」を更新したとの発表がありました。 以下ピックアップした点です。 Q. 給与収入以外の所得により、令和6年分の合計所得金額が1,805万円を超えることが明らかであり、年末調整時に定額減税の適用を受けることができないので、月々の給与等から月次減税額を控除しないでほしいという申出が従業員からありました。この場合、従業員からの申出に従

割増賃金の算定における在宅勤務手当の取扱いについて(厚労省より)

厚労省より、労働基準局の新着の通知として、「割増賃金の算定におけるいわゆる在宅勤務手当の取扱いについて(令和6年4月5日基発0405第6号)」が公表されました。 今回の発表では、在宅勤務をする労働者に使用者から支給される「いわゆる在宅勤務手当」について、割増賃金の算定基礎から除外することができる場合を明確化するため、在宅勤務手当のうちどのようなものであれば割増賃金の算定基礎から除外することが可能で

Comments


bottom of page