• 坂の上社労士事務所

(神奈川県)アクリル板や空気清浄機の導入などに新型コロナ感染防止対策に最大で100万円助成

神奈川県が新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「感染防止対策取組書」を掲示している県内の中小企業者を対象として、アクリル板の導入などに要する費用を最大で4分の3を補助するとのことです(上限は100万円)。申請の締め切りは12月17日となっており受け付けは先着順で、申請の合計額が予算額に達した場合は受け付けを終了いたします。


対象となる経費としては、アクリル板などの遮蔽物や換気設備、加湿器、CO2濃度測定器、HEPAフィルター付き空気清浄機の導入費用で、来年2月18日までに実施するものです。「令和2年度神奈川県中小企業・小規模企業再起促進事業費補助金」または「令和2年度神奈川県中小企業・小規模企業感染症対策事業費補助金」で補助金の交付を受けた事業者や、「令和3年度神奈川県中小企業・小規模企業感染症対策事業費補助金」の交付決定を受けた事業者は申請できないため注意が必要です。

昨今国が実施している「持続化給付金」で、第三者の指南による不正受給の摘発が相次いでいるおり適正な申請が肝心となります。当事務所は補助金申請業務を得意としているのでぜひご相談ください。


くわしくはこちら

最新記事

すべて表示

令和4年4月22日に独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページで、障害者雇用納付金制度に基づく助成金に関するFAQが更新されました。 雇用納付金制度に基づく助成金は、障害者雇用促進法に基づき設けられた障害者雇用納付金制度として、障害者の雇入れや雇用の継続を行うために

厚生労働省から、新型コロナの影響により事業所が休業し、労働時間が減少したことにより離職された方の取り扱いについて、お知らせが公表されております。 具体的には、新型コロナの影響で事業所が休業し、おおむね1か月以上の期間、労働時間が週20時間を下回った、または下回ることが明らかになっ

令和3年8月から令和4年3月までの間に新型コロナウイルス感染症の影響による休業により報酬が著しく下がった方について、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定を可能とする措置が講じられておりま