• 坂の上社労士事務所

毎月勤労統計調査 現金給与総額は6カ月連続増加

厚生労働省は、毎月勤労統計調査の令和3年8月分結果速報を公表しました。

現金給与総額は前年同月比で6カ月連続で増加したもののコロナ前の水準には届かない結果となっております。

おもな数字は下記の通りとなっております。


1 賃金(一人平均)

(1) 現金給与総額(就業形態計) 274,987 円(0.7%増)

 ・きまって支給する給与 262,221 円(0.6%増)

(うち、所定内給与は 244,437 円(0.2%増)、所定外給与は 17,784 円(6.5%増))

 ・特別に支払われた給与 12,766 円(2.0%増)


(2) 一般労働者の現金給与総額 356,287 円(1.4%増)

 ・きまって支給する給与 338,340 円(1.3%増)

(うち、所定内給与は 313,581 円(0.8%増)、所定外給与は 24,759 円(7.9%増))

 ・特別に支払われた給与 17,947 円(2.4%増)


(3) パートタイム労働者の現金給与総額 95,912 円(1.7%減)

 ・きまって支給する給与 94,558 円(1.8%減)

(うち、所定内給与は 92,138 円(1.5%減)、所定外給与は 2,420 円(10.5%減))

 ※ 時間当たり給与(所定内給与) 1,230 円(1.2%増)


(4) 実質賃金指数(平成 27 年平均=100)

 ・現金給与総額 84.7(0.2%増)

 ・きまって支給する給与 97.8(0.2%増)

 (参考)消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)の前年同月比は、0.4%上昇


(5) 共通事業所による現金給与総額(前年同月比) 0.8%増

 ・きまって支給する給与 0.9%増

 ・特別に支払われた給与 1.1%減


2 労働時間(一人平均)

(1) 総実労働時間 129.6 時間(0.7%増)

(うち、所定内労働時間は 120.5 時間(0.2%増)、所定外労働時間は 9.1 時間(7.0%増))

 ・出勤日数 17.0 日(0.1 日増)

 ・製造業の所定外労働時間の前月比(季節調整済指数)は、4.3%減


(2) 一般労働者の総実労働時間 153.5 時間(1.6%増)

(うち、所定内労働時間は 141.2 時間(1.0%増))


(3) パートタイム労働者の総実労働時間 77.0 時間(2.6%減)

(うち、所定内労働時間は 74.9 時間(2.6%減))


3 雇用

(1) 常用雇用指数(平成 27 年平均=100) 110.6(1.3%増)

 ・一般労働者 109.0(0.7%増)

 ・パートタイム労働者 114.1(2.3%増)

(2) パートタイム労働者比率 31.24%(0.32 ポイント上昇)


〔()内は、前年同月比または前年同月差を示す。〕


くわしくはこちら


最新記事

すべて表示

3月15日に、経団連(日本経済団体連合会)から「2021年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」が公表されました。 この調査は、企業における退職金・年金の実態と退職金水準の動向を把握し、退職金制度の見直し等の参考とするために 、1973年から実施されております(2021年から

政府は、令和4年2月21日、まん延防止等重点措置の対象となっている都道府県のうち、令和4年2月の20日もしくは27日までを適用期間としていた22道府県のうち、北海道、大阪、広島などの17道府県について、その期間を同年3月6日まで延長することを決定しました。 ただし、山形県、島根県